OpenFOAM

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

OpenFOAM® (Open Field Operation and Manipulation) CFD Toolbox は OpenCFD Ltd. によって開発されているフリーでオープンソースの CFD ソフトウェアパッケージです。営利団体と学術機関の両方から、エンジニアリングと科学の分野で幅広く使われています。OpenFOAM は複雑な流体の動きを計算することができる様々な機能を持っています。化学反応や乱流モデルから固体力学・電磁気学まで。メッシュ作成ツールの snappyHexMesh が含まれており、複雑な CAD ジオメトリを事前・事後処理としてメッシュ化できます。あらゆる作業は全て並列実行されるため、計算機器を最大限酷使することが可能です。

OpenFOAM や OpenFOAM Foundation に関する詳細は http://www.openfoam.comhttp://www.openfoam.org を見てください。

基本的なインストール

OpenFOAM で開発を行わない場合、プログラムの最新版のパッケージを AUR からインストールできます: openfoamAUR。git バージョンも存在します: openfoam2.4-gitAUR または openfoam3.0-gitAUR。大抵の場合、パッケージをインストールするだけで OpenFOAM を立ち上げることができます。

非公式の home_Minerva_W_Science_Arch_Extra リポジトリからは openfoam3.0.1 パッケージがインストールできます。2016年4月現在、開発版や古いバージョンが追加される予定があります。

開発版のインストール

開発環境に OpenFOAM をインストールしたい場合、基本的な手順は以下の通りです:

  1. OpenFOAM からソースファイルを入手
  2. ビルドディレクトリを作成
  3. インストールする環境にあわせて設定ファイルを作成して環境変数を設定
  4. OpenFOAM のソースをコンパイル
  5. インストールした OpenFOAM をテスト

要件

環境変数

~/.bashrc ファイルに以下のコードを追加してください。OpenFOAM を実行したいときは毎回 of20x と入力して環境を初期化してください。

# OpenFOAM Install
export FOAM_INST_DIR='$HOME/.OpenFOAM'
alias of20x='source $FOAM_INST_DIR/OpenFOAM-2.0.x/etc/bashrc'