pawm

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

このページでは Arch Linux での PAWM ウィンドウマネージャのインストールと設定について扱います。

ノート: PAWM はメンテナンスが止まっています。最後のバージョンは 2.3.0 です。

イントロダクション

PAWM は X11 のスタック型ウィンドウマネージャです。小さくて軽量でシンプルなウィンドウマネージャとなっています。Xlib を使用しておりコンパイルするのに他のライブラリは必要ありません。ミニマリストなデスクトップのウィンドウ環境として使ったり、GUI ベースのプラグラムのテストなど、使い捨て環境として利用できます。

PAWM は David Gómez と Raúl Núñez de Arenas Coronado によって書かれました。あらゆる X アプリケーションを実行できる、シンプルで使いやすい、極めて小さなウィンドウマネージャが目標です。PAWM は Puto Amo Window Manager の略です。

インストール

pawmインストールしてください。

PAWM の起動

デフォルトウィンドウマネージャとして PAWM を起動するには、~/.xinitrc ファイルを変更して最後の行に以下を追加 (xinitrc を参照):

exec pawm

コマンドプロンプトで次のコマンドを実行すれば PAWM がウィンドウマネージャとして起動します:

$ startx

ブート時に X が起動するように設定したい場合はログイン時に X を起動のページを読んでください。

設定

デフォルトでは、PAWM は古めかしいプレーンな青を表示します。/etc/pawm.conf ファイルを編集することで PAWM のスキームをカスタマイズできます。

色は16進数の値で変更します。フォントはコアフォントや Xft フォント [1] で変更できます。

pabar, paicons, pashut のアイコンや追加したモジュールの挙動も調整すると良いでしょう。

アイコン

PAWM は .xpm フォーマットしかサポートしていません。GIMP などのプログラムで変換してください。

  • Window アイコンは 20x20 ピクセルです。
  • Pashut アイコンは 20x20 ピクセルです。
  • Paicon アイコンはどんなサイズにもできます。

PAWM で使用するアイコンは /usr/share/pawm/icons/ に入れる必要があります。

アプリケーションランチャー

まず ~/.pawm ディレクトリを作成してください。ユーザーごとにアプリケーションセットを設定することができます。

PAWM でプログラムを起動する方法は3つあります:

  • ~/.xinitrc ファイルにプログラムを追加。
  • コンソールから -display パラメータを付けてプログラムを起動。
  • PAWM アプリケーションランチャーを使う。

この記事では3番目の方法を説明します。

新しいランチャーファイルの作成

ディレクトリに新しいファイルを作成してください。以下では例としてターミナルエミュレータの Sakura を使います。

ファイル名には app を先頭に付けて、20字以内に収める必要があります。

appSakura

お気に入りのエディタを使ってファイルを開いて下さい。ランチャーアプリには4行だけが必要です。

  1. 使用する画像の名前。
  2. アイコンの初期画面位置。移動すると、PAWM は X, Y 座標を編集します。
  3. アイコンのテキスト。任意。
  4. アプリケーションのバイナリ。相対・絶対パスどちらでも指定できます。

作成したファイルは以下のようになります:

sakura.xpm
40 40
Sakura
sakura

次から PAWM を起動するとアイコンが表示されるはずです。

PAWM を使う

PAWM の操作は簡単です。

  • ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックするとウィンドウを巻き上げることができます。
  • 最小化, 最大化/元のサイズに復元, 閉じるボタンが存在します。
  • ウィンドウはドラッグできます。
  • ランチャーアイコンもドラッグできます。
  • PABar で開いたアプリケーションをクリックすると最小化します。
  • Alt+Tab でウィンドウを切り替えます。
  • ランチャーをクリックするとプログラムが起動します。
  • 電源ボタンをクリックすると PAWM を終了するダイアログが表示されます。
  • PAWM をリロードすると全ての変更が適用されます。

PAWM ユーティリティ

AUR には以下のユーティリティのパッケージが存在します:

  • xsriAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror] - 画像やグラデーションを設定できるプログラム。~/.xinitrc から使えます。
  • thinglaunchAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror] - X のランチャープログラム。プログラムの名前を入力すればプログラムを起動できます。thinglaunch は使用リソースが少なくて Xlib にしか依存しません。
  • pawmIconsAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror] - シンプルな python ベースのユーティリティ。フリーのランチャーアイコンを作成します。カスタムアイコンはサポートしていません。