Quassel

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Quassel (Quassel IRC と呼ばれることもあります) は2008年に開発されたクロスプラットフォームの IRC クライアントです。GPLv2 と GPLv3 のデュアルライセンスで、Oxygen Team によって提供されているグラフィカルデータはほとんどが LGPL でライセンスされています。Quassel のクライアント部分はユーザーインターフェイスとして Qt フレームワークを使っています。

構造

Quassel はサーバークライアントモデルによってクライアントとコアの2つに分割されています。また、コアを必要としない、公式クライアントのモノリシックバージョンも存在します。コア(サーバー)は実際に IRC ネットワークと通信を行うアプリケーションで、クライアントはコアとしか対話しません。これによって異なるクライアントで IRC ネットワークの同一のインスタンスを使うことができるようになっています。

ノート: 以前 Arch Linux には2つのパッケージが存在し、quassel-monolighic は quassel-client に含まれていました。FS#39756 で状況が変わったため、モノリシックバージョンを使っていた場合、アップデートで問題が発生する可能性があります。quassel-monolithic をインストールしてみて、問題が解決しない場合、下のトラブルシューティングを見てください。

インストール

基本的な使い方

一つのコンピュータから Quassel を使いたいだけの場合は quassel-monolithic パッケージをインストールしてください。

複数のクライアントからコアに接続する

quassel-corequassel-client をインストールしてください。

証明書を生成 (証明書の有効期限は1年間で、期限が切れたら再度発行する必要があります。有効期限は -days を変えることで変更できます):

# openssl req -x509 -nodes -days 365 -newkey rsa:4096 -keyout /var/lib/quassel/quasselCert.pem -out /var/lib/quassel/quasselCert.pem

自己署名証明書なので、フィールドには自由に入力することができます。

ファイアウォールのポート 4242 を開いてください。

コアを起動:

# systemctl start quassel

クライアントを起動してコアに接続:

$ quasselclient

先に作成した証明書を承認してください。

コア側で IRC サーバーと IRC ニックネームを設定します。

ノート: As this is the first time you connected to the core, you should see a wizard where you can set up the first user-account. If you do not get this wizard, your settings might be messed up, see troubleshooting below.

設定が完了したら、システムの起動時に自動的に動作するように設定できます:

# systemctl enable quassel

トラブルシューティング

以前 quassel-monolithic を使用していた場合、設定がおかしくなることがあります。quasselcore を終了して、設定データベースをバックアップに移動してください:

$ mv ~/.config/quassel-irc.org/quassel-storage.sqlite ~/.config/quassel-irc.org/quassel-storage.sqlite.bak

そして quasselcore を起動してクライアントから接続すると、ウィザードが表示されます。全ての設定を再度入力してください。

参照