Ruby on Rails

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

Ruby on Rails (よく Rails とか RoR と略されます) は Ruby プログラミング言語によるオープンソースのウェブアプリケーションフレームワークです。Rails はウェブ開発者によって高速な開発のために使用されているアジャイル開発で使われるように出来ています。

このドキュメントでは Arch Linux システムで Ruby on Rails フレームワークをセットアップする方法を説明します。

インストール

Ruby on Rails を使うには Ruby をインストールする必要があるので、先に Ruby の記事を読んでインストールを済まして下さい。また、(UglifyJS JavaScript コンプレッサーの Ruby ラッパーである) uglifier のために nodejs パッケージも必要になります。

Ruby on Rails 自体は複数の方法でインストールできます:

選択肢 A: RubyGems

ノート: Gem を使ってシステム全体に Rails をインストールすることもできます。その場合、以下のコマンドを root で実行して --no-user-install を付けて下さい。root で RubyGem を使用する危険性については Ruby#gem をユーザー個別またはシステム共通でインストール を読んで下さい。

現在のユーザーで Rails をインストールするコマンド:

$ gem install rails

ドキュメントのビルドには時間がかかります。ドキュメントは不要の場合、--no-document を install コマンドに付けて下さい。

$ gem install rails --no-document

gem は Ruby モジュールのパッケージマネージャであり、Arch Linux における pacman のようなものです。gem をアップデートするには、次を実行:

$ gem update

選択肢 B: pacgem

AURpacgemAUR を使って Rails をインストールすることができます。Pacgem は自動的に PKGBUILD を作成して、それぞれの gem の Arch パッケージを作成します。そしてパッケージは pacman を使ってインストールされます。

# pacgem rails

gem パッケージは次のコマンドでアップデートできます:

# pacgem -u

選択肢 C: AUR

警告: 最新バージョンの Rails が入らない可能性があり、場合によっては追加の依存パッケージを導入するために gem install を実行する必要があるため推奨しません。

AUR には ruby-railsAUR パッケージが存在します。

選択肢 D: Quarry バイナリリポジトリ

非公式の quarry リポジトリから ruby-railsインストールしてください。

設定

Rails には WeBrick という名前のベーシックな HTTP サーバーが付属しています。テストアプリケーションを作成してテストすることができます。まず、rails コマンドでアプリケーションを作成:

$ rails new testapp_name
ノート: Errno::ENOENT: No such file or directory (...) An error occurred while installing x, and Bundler cannot continue. などのエラーが表示されたら、Bundler を設定して gem をシステム全体ではなくユーザー個別でインストールする必要があります。もしくは、root で # rails new testapp_name を一度実行してください。問題なくインストールが完了したら、testapp_name/ を削除して、$ rails new testapp_name をもう一度、通常ユーザーで実行してください。
ノート: 以下のようなエラーメッセージが表示される場合:
... FetchError: SSL_connect returned=1 errno= 0 state=SSLv2/v3 read server hello A: sslv3 alert handshake
failure (https://s3.amazonaws.com/ production.s3.rubygems.org/gems/rake-10.0.3.gem) 
nodejs をインストールしてから再度試して下さい。

現在の作業ディレクトリの中に新しいフォルダが作成されます。

$ cd testapp_name

次にウェブサーバーを起動します。デフォルトではポート 3000 を使います:

$ rails server

ローカルマシンのブラウザから http://localhost:3000 を開いて testapp_name のウェブサイトを開いてください。

ノート: JavaScript ランタイムが見つけられないと Ruby がエラーを吐き出す場合、nodejs をインストールしてください。

テストページには "Welcome aboard" と表示されるはずです。

アプリケーションサーバー

Ruby On Rails に内蔵されている HTTP サーバー (WeBrick) は開発用には便利ですが、本番環境での使用は推奨されません。#Thin, #Unicorn, Phusion Passenger などのアプリケーションサーバーを使って下さい。

Thin

Thin は高速でシンプルな Ruby ウェブサーバーです。

thin の gem をまずインストールしてください:

$ gem install thin

そして次のコマンドで起動:

$ thin start

Unicorn

Unicorn はスタンドアロンのアプリケーションサーバーで、クライアントと直接対話することはできません。その代わりに、ウェブサーバーがクライアントと Unicorn の間に入って、必要に応じてリクエストを送ります。Unicorn は基本的に Mongrel が元になっています。Unicorn は Github に使われており、リクエストを処理するのに一番適した子プロセスを出来る限り使うようなアーキテクチャになっています。Unicorn と Mongrel の違いについては こちら に説明があります。

Unicorn の gem をインストール:

# gem install unicorn

アプリケーションの設定ファイルを /etc/unicorn/ に作成。以下は Redmine の設定例です ([1] を参照):

/etc/unicorn/redmine.ru
working_directory "/srv/http/redmine"
pid "/tmp/redmine.pid"

preload_app true
timeout 60
worker_processes 4
listen 4000
stderr_path('/var/log/unicorn.log')

GC.respond_to?(:copy_on_write_friendly=) and GC.copy_on_write_friendly = true

after_fork do |server, worker|
	#start the worker on port 4000, 4001, 4002 etc...
	addr = "0.0.0.0:#{4000 + worker.nr}"
	# infinite tries to start the worker
	server.listen(addr, :tries => -1, :delay => -1, :backlog => 128)

	#Drop privileges if running as root
	worker.user('nobody', 'nobody') if Process.euid == 0
end

次のコマンドで起動:

# /usr/bin/unicorn -D -E production -c /etc/unicorn/redmine.ru

Systemd サービス

/etc/systemd/system/unicorn.service に以下を記述:

/etc/systemd/system/unicorn.service
[Unit]
Description=Unicorn application server
After=network.target

[Service]
Type=forking
User=redmine
ExecStart=/usr/bin/unicorn -D -E production -c /etc/unicorn/redmine.ru

[Install]
WantedBy=multi-user.target

これで systemctl を使って簡単に unicorn を起動・停止できます。

Nginx の設定

Nginx をセットアップしてから、以下のように unicorn を上流サーバーとして設定してください (警告: 以下は省略した例です。おそらく設定を追加しないと機能しません):

http {
	upstream unicorn {
		server 127.0.0.1:4000 fail_timeout=0;
		server 127.0.0.1:4001 fail_timeout=0;
		server 127.0.0.1:4002 fail_timeout=0;
		server 127.0.0.1:4003 fail_timeout=0;
	}

	server {
		listen		80 default;
		server_name	YOURHOSTNAMEHERE;

		location / {
			root			/srv/http/redmine/public;
			proxy_set_header	X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
			proxy_set_header Host   $http_host;
			proxy_redirect		off;
			proxy_pass		http://unicorn;
		}
	}
}

Apache/Nginx (Phusion Passenger を使用)

Passenger (別名 mod_rails) は NginxApache で利用できるモジュールで、Rails サーバー環境のセットアップをはるかに簡単にします。Nginx は Apache のようにモジュールをサポートしていないので、Passenger を使うには mod_rails でコンパイルする必要があります。Passenger が勝手にコンパイルをおこなってくれます。Apache の場合、Passenger がモジュールの設定をしてくれます。

まずは 'passenger' の gem をインストール:

# gem install passenger

Apache を使用する場合、以下を実行:

# passenger-install-apache2-module

http://example.com/yourapplication のように、sub-URI で rails アプリケーションをデプロイする場合、追加設定が必要になります。modrails のドキュメント を見て下さい。

Nginx の場合:

# passenger-install-nginx-module

インストーラはインストールに関する追加情報を出力します (インストールする追加ライブラリなど)。

Nginx でアプリケーションを表示するには、以下のように設定:

server {
    server_name app.example.org;
    root path_to_app/public; # Be sure to point to 'public' folder!
    passenger_enabled on;
    rails_env development; # Rails environment.
}

Puma (Nginx をリバースプロキシサーバーとして使用)

Puma (Github ページ) は Ruby/Rack アプリケーションのためのシンプル・高速・並列動作の HTTP 1.1 サーバーで、Webrick や Mongrel を置き換えることを目指しています。Rubinius の go-to サーバーとして設計されているだけでなく、JRuby や MRI とも上手く動作します。リバースプロキシサーバーはロードバランサとして機能し、外部リクエストをウェブアプリのプールに振り分けます。

ウェブサーバーはサーバー用のユーザーとグループで使うのが良いので、ユーザーとグループ#ユーザーを追加する例を見て下さい。以下ではユーザー名として rails を、グループ名として server を、rails のアプリ名として my_app を使います。

まずは /var/www/my_app にあなたのアプリをコピーしてください。そして以下のコマンドで所有者を設定します:

# cd /var/www/
# chown -R rails:server my_app

そして、次のコマンドでパーミッションを設定:

# chmod -R 775 my_app

次に Gemfile に puma gem を追加してインストール:

$ cd my_app 
$ bundle install

また、pacman で nginx をインストールしてください。

アプリフォルダに以下のコマンドで sockets, pids, log フォルダを作成:

$ mkdir -p shared/pids shared/sockets shared/log

nginx.conf をバックアップ:

# cp /etc/nginx/nginx.conf /etc/nginx/nginx.conf.backup

お好きなエディタで nginx.conf ファイルを新しく作成して以下のコードをコピー、自由に編集してください:

#user html;
worker_processes  1; # this may connect with the worker numbers puma can use.

#error_log  logs/error.log;
#error_log  logs/error.log  notice;
#error_log  logs/error.log  info;

#pid        logs/nginx.pid;


events {
    worker_connections  1024;
}

http {
	upstream app {
	    # Path to Puma SOCK file, as defined previously
 	    server unix:/var/www/my_app/shared/sockets/puma.sock;
	}

	server {
	    listen 80;
	    server_name localhost; # or your server name

	    root /var/www/my_app/public;

	    try_files $uri/index.html $uri @app;

	    location @app {
		proxy_pass http://app;
		proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
		proxy_set_header Host $http_host;
		proxy_redirect off;
	    }

	    error_page 500 502 503 504 /500.html;
	    client_max_body_size 4G;
	    keepalive_timeout 10;
	}
}

nginx サービスを起動してください。

puma サーバーを起動する方法は複数存在します。以下では2つの方法を推奨しています:

どちらの方法にしても、config/puma.rb ファイルを作成して以下のコードをコピーしてください。そして必要に応じて修正を加えます:

# Change to match your CPU core count
# You can check available worker numbers with $ grep -c processor /proc/cpuinfo
# also see the comment in the nginx.conf
workers 2

# Min and Max threads per worker
#threads 1, 6

app_dir = File.expand_path("../..", __FILE__)
shared_dir = "#{app_dir}/shared"

# Default to production
#rails_env = ENV['RAILS_ENV'] || "production"
#environment rails_env

# Set up socket location
bind "unix://#{shared_dir}/sockets/puma.sock"

# Logging
#stdout_redirect "#{shared_dir}/log/puma.stdout.log", "#{shared_dir}/log/puma.stderr.log", true

# Set master PID and state locations
pidfile "#{shared_dir}/pids/puma.pid"
#state_path "#{shared_dir}/pids/puma.state"
#activate_control_app

#on_worker_boot do
#  require "active_record"
#  ActiveRecord::Base.connection.disconnect! rescue ActiveRecord::ConnectionNotEstablished
#  ActiveRecord::Base.establish_connection(YAML.load_file("#{app_dir}/config/database.yml")[rails_env])
#end

選択肢 A: 設定ファイルを使う

次のコマンドでサーバーを起動:

$ bundle exec puma -C config/puma.rb

-d パラメータを使うことでバックグラウンドで起動することもできます。kill したくなったら以下で確認してください:

$ pgrep puma

ログアウトしても実行し続けるには、以下を使います:

$ nohup bundle exec puma -C config/puma.rb &

ただしシステムを再起動すると、プロセスは消失します。

選択肢 B: systemd を使う

~/.config/systemd/user/ に新しい systemd ユニット puma.service を作成して以下のコードをコピーしてください (gem をグローバルにインストールした場合、ExecStart のパスは /usr/local/bin/ に変更できます):

[Unit]
Description=Puma application server
After=network.target

[Service]
WorkingDirectory=/var/www/my_app
#Environment=RAILS_ENV=production
PIDFile=/var/www/my_app/shared/pids/puma.pid
ExecStart=/home/rails/.gem/ruby/2.2.0/bin/bundle exec \
	 /home/rails/.gem/ruby/2.2.0/bin/puma \
	 -C /var/www/my_app/config/puma.rb

[Install]
WantedBy=default.target

次のコマンドで puma を起動:

$ systemctl --user start puma

puma をシステム全体で有効化するには、/etc/systemd/system/puma.service を保存して、以下のように修正してください:

[Unit]
Description=Puma application server
After=network.target

[Service]
WorkingDirectory=/var/www/my_app
#Environment=RAILS_ENV=production
User=rails
PIDFile=/var/www/my_app/shared/pids/puma.pid
ExecStart=/home/rails/.gem/ruby/2.2.0/bin/bundle exec \
	 /home/rails/.gem/ruby/2.2.0/bin/puma \
	 -C /var/www/my_app/config/puma.rb

[Install]
WantedBy=multi-user.target

詳しくは #参照 を見て下さい。また、capistrano を使えばプロダクションモードで簡単にアプリをデプロイすることができます。

データベース

ほとんどのウェブアプリケーションは何らかのデータベースを利用する必要があります。ActiveRecord (データベースを抽象化するために Rails によって使われる ORM) は複数のデータベースベンダーをサポートしています。その中で最も人気があるのは MySQL, SQLite, PostgreSQL です。

SQLite

SQLite は Ruby on Rails のデフォルトの軽量データーベースです。SQLite を使用するには、sqlite をインストールしてください。

PostgreSQL

postgresql をインストールしてください。

MySQL

まず、MySQL サーバーをインストール・設定してください。方法は MySQL を参照。

ネイティブの拡張が含まれた gem が必要です。root でインストールするのが良いでしょう:

# gem install mysql

-d パラメータを使うことで MySQL を使用するように設定された rails アプリケーションを生成できます:

$ rails new testapp_name -d mysql

次に config/database.yml を編集する必要があります。Rails は開発用・テスト用・本番用などの環境にあわせて別々のデータベースを使います。以下は localhost で MySQL を起動する開発用の設定例です:

 development:
   adapter: mysql
   database: my_application_database
   username: development
   password: my_secret_password

MySQL を使ってデータベースを実際に作成する必要はありません。以下のように Rails で行うことができます:

# rake db:create

エラーが表示されなければ、データベースの作成が完了して Rails から MySQL データベースを使うことが可能になっています。

Rails パーフェクトセットアップ

複数のバージョンの Ruby で動作する Phusion Passenger。

  • Arch Linux: シンプル、軽量なディストリビューション。 ;)
  • Nginx: 高い並行性・性能、低いメモリ使用量に注力している高速かつ軽量なウェブサーバー
  • Passenger (別名 mod_rails または mod_rack): Apache と Nginx の両方のウェブサーバーに対応。Ruby on Rails ウェブフレームワークで作られたアプリケーションなど、Ruby ウェブアプリケーションをデプロイします。
  • Ruby Version Manager (RVM): インタプリタから gem セットまで複数の Ruby 環境を簡単にインストール・管理・作業することができるコマンドラインツール。RVM は完全に自己完結した専用環境でプロジェクトをデプロイします。特定バージョンの Ruby から、アプリケーションを実行するのに必要な gem の正確なセットまで。
  • SQLite: Ruby on Rails のデフォルト、軽量なデータベース

ステップ 0: SQLite

sqlite をインストールします。

ノート: もちろん SQLite は必須ではありません。MySQL や PostgreSQL を使うことだってできます。

ステップ 1: RVM

こちらに書かれているように RVM をマルチユーザーインストールしてください。

'ユーザーを rvm グループに追加'のステップでは、以下を実行:

# usermod -a -G rvm http
# usermod -a -G rvm nobody

httpnobody はそれぞれ Nginx と Passenger に関連するユーザーです。

ノート: 'nobody' ユーザーを 'rvm' グループに追加するのは必要ないかもしれません。

ステップ 2: Ruby

RVM をインストールできたら、最新の Ruby インタプリタをインストールします:

ノート: Ruby のインストール時にパッチが適用されます。先に base-devel グループをインストールしておいてください。
$ rvm install 2.0.0
ノート: It may be useful to delete the 'global' gemsets of the environments that have web applications. Their gems might somehow interfere with Passenger. In that case, a rvm 2.0.0 do gemset delete global is sufficient.

ステップ 3: Nginx と Passenger

以下を実行して passenger で nginx をインストール:

$ rvm use 2.0.0 
$ gem install passenger
$ rvmsudo passenger-install-nginx-module

passenger gem が default gemset に追加されます。

Nginx のソースがダウンロードされて、コンパイル・インストールされます。Nginx のデフォルトインストール先は /opt/nginx になります。

ノート: If you encounter a compilation error regarding Boost threads, see this article.

完了したら /opt/nginx/conf/nginx.conf に以下のように http ブロックを追加してください:

http { 
  ...
  passenger_root /usr/local/rvm/gems/ruby-2.0.0-p353/gems/passenger-3.0.9;
  passenger_ruby /usr/local/rvm/wrappers/ruby-2.0.0-p353/ruby;
  ...
}
ノート: This step is currently being done automatically by the installer script.

ステップ 4: Gemsets と Apps

For each Rails application you should have a gemset. Suppose that you want to try RefineryCMS against BrowserCMS, two open-source Content Management Systems based on Rails.

まず RefineryCMS をインストール:

$ rvm use 2.0.0@refinery --create
$ gem install rails -v 4.0.1
$ gem install passenger
$ gem install refinerycms refinerycms-i18n sqlite3

refineria という名前で RefineryCMS インスタンスをデプロイ:

$ cd /srv/http/
$ rvmsudo refinerycms refineria

別の gemset に BrowserCMS をインストール:

$ rvm use 2.0.0@browser --create
$ gem install rails -v 4.0.1
$ gem install passenger
$ gem install browsercms sqlite3

navegador という名前で BrowserCMS インスタンスをデプロイ:

$ cd /srv/http/
$ rvmsudo browsercms demo navegador
$ cd /srv/http/navegador
$ rvmsudo rake db:install

Passenger for Nginx と Passenger Standalone

Observe that the passenger gem was installed three times and with different intentions; in the environments

  • 2.0.0 => for Nginx,
  • 2.0.0@refinery => Standalone
  • 2.0.0@browser => Standalone

The strategy is to combine Passenger for Nginx with Passenger Standalone. One must first identify the Ruby environment (interpreter plus gemset) that one uses the most; in this setup the Ruby interpreter and the default gemset were selected. One then proceeds with setting up Passenger for Nginx to use that environment (step 3).

  • Applications within the chosen environment can be served as in Apache/Nginx (using Phusion Passenger), page up in this article.
  • All applications that are to use a different Ruby version and/or gemset can be served separately through Passenger Standalone and hook into the main web server via a reverse proxy configuration (step 6).

ステップ 5: .rvmrc ファイルと所有者

This step is crucial for the correct behaviour of the setup. RVM seeks for .rvmrc files when changing folders; if it finds one, it reads it. In these files normally one stores a line like

rvm <ruby_version>@<gemset_name>

so the specified environment is set at the entrance of applications' root folder.

/srv/http/refineria/.rvmrc を作成:

# echo "rvm ree@refinery" > /srv/http/refineria/.rvmrc

/srv/http/navegador/.rvmrc を作成:

# echo "rvm 2.0.0@browser" > /srv/http/navegador/.rvmrc

You have to enter to both application root folders now, because every first time that RVM finds a .rvmrc it asks you if you trust the given file, consequently you must validate the two files you have just created.

These files aid the programs involved to find the correct gems.

Apart, if applications' files and folders are not owned by the right user you will face database write-access problems. The use of rvmsudo produces root-owned archives when generated by Rails; in the other hand, nobody is the user for Passenger —if you have not changed it—: who will use and should posses them. Fix this doing

# chown -R nobody.nobody /srv/http/refineria /srv/http/navegador

ステップ 6: リバースプロキシ

アプリケーションの Passenger Standalone ウェブサーバーを起動してください:

$ cd /srv/http/refineria
$ rvmsudo passenger start --socket tmp/sockets/passenger.socket -d

そして以下を実行:

$ cd /srv/http/navegador
$ rvmsudo passenger start --socket tmp/sockets/passenger.socket -d

Passenger Standalone を始めて実行したときにインストールが実行されます。

一般的な TCP ソケットの代わりに unix ドメイン ソケットが使われます。unix ドメインは TCP ソケットよりも高速に動作します。

ノート: unix ソケットで問題が発生する場合、TCP に変更してください: rvmsudo passenger start -a 127.0.0.1 -p 3000 -d

システムの起動時に Passenger Standalone デーモンを起動

Do you have a script? Please post it here.

The systemd script below was made for a Typo blog I host at /srv/http/typo. It's located at /etc/systemd/system/passenger_typo.service. I set the Environment= tags (see "man systemd.exec") from the output of "rvm env". The only exception was PATH=, which I had to combine from my regular PATH and the output of rvm env.

Note: If you don't set the "WorkingDirectory=" variable to your application folder, passenger will fail to find your app and will subsequently shut itself down.

[Unit]
Description=Passenger Standalone Script for Typo
After=network.target

[Service]
Type=forking
WorkingDirectory=/srv/http/typo
PIDFile=/srv/http/typo/tmp/pids/passenger.pid

Environment=PATH=/usr/local/rvm/gems/ruby-2.0.0-p0@typo/bin:/usr/local/rvm/gems/ruby-2.0.0-p0@global/bin:/usr/local/rvm/rubies/ruby-2.0.0-p0/bin:/usr/local/rvm/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/bin/core_perl
Environment=rvm_env_string=ruby-2.0.0-p0@typo
Environment=rvm_path=/usr/local/rvm
Environment=rvm_ruby_string=ruby-2.0.0-p0
Environment=rvm_gemset_name=typo
Environment=RUBY_VERSION=ruby-2.0.0-p0
Environment=GEM_HOME=/usr/local/rvm/gems/ruby-2.0.0-p0@typo
Environment=GEM_PATH=/usr/local/rvm/gems/ruby-2.0.0-p0@typo:/usr/local/rvm/gems/ruby-2.0.0-p0@global
Environment=MY_RUBY_HOME=/usr/local/rvm/rubies/ruby-2.0.0-p0
Environment=IRBRC=/usr/local/rvm/rubies/ruby-2.0.0-p0/.irbrc

ExecStart=/bin/bash -c "rvmsudo passenger start --socket /srv/http/typo/tmp/sockets/passenger.socket -d"

[Install]
WantedBy=multi-user.target

ステップ 7: デプロイメント

サブドメインを使用

/opt/nginx/conf/nginx.conf を編集して以下のように設定:

## RefineryCMS ##

server {
    server_name refinery.domain.com;
    root /srv/http/refineria/public;
    location / {
        proxy_pass http://unix:/srv/http/refineria/tmp/sockets/passenger.socket;
        proxy_set_header Host $host;
    }
}

## BrowserCMS ##

server {
    server_name browser.domain.com;
    root /srv/http/navegador/public;
    location / {
        proxy_pass http://unix:/srv/http/navegador/tmp/sockets/passenger.socket;
        proxy_set_header Host $host;
    }
}
ノート: TCP ソケットを使用する場合 proxy_pass ディレクティブを proxy_pass http://127.0.0.1:3000; のように設定してください。

サブドメインを使用しない

何らかの理由でアプリケーションでサブドメインを使わずに site.com/railsapp というような url を使いたい場合、以下のように設定することができます:

server {
    server_name site.com;
    #Base for the html files etc
    root /srv/http/;

    #First application you want hosted under domain site.com/railsapp
    location /railsapp {
        root /srv/http/railsapp/public;
        #you may need to change passenger_base_uri to be the uri you want to point at, ie:
        #passenger_base_uri /railsapp;
        #but probably only if you're using the other solution with passenger phusion
        proxy_pass http://unix:/srv/http/railsapp/tmp/sockets/passenger.socket;
        proxy_set_header Host $host;
    }

    #Second applicatino you want hosted under domain site.com/anotherapp
    location /anotherapp {
        root /srv/http/anotherapp/public;
        #same thing about the passenger_base_uri here, but with value /anotherapp instead
        proxy_pass http://unix:/srv/http/anotherapp/tmp/sockets/passenger.socket;
        proxy_set_header Host $host;
    }
}

nginx サービスを起動すれば site.com/railsappsite.com/anotherapp から CMS にアクセスできます。

参照

参照