XDM

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

XDM マニュアルページ より:

Xdm はローカルホストやリモートサーバーにある X ディスプレイの集合を管理します。xdm の設計は X ターミナルの必要性や Open Group 標準の XDMCP (X Display Manager Control Protocol) に従っています。Xdm はキャラクタターミナルで init, getty, login が行うのと同じサービスを提供します: ログイン名とパスワードのプロンプトを表示してユーザー認証を行い、"セッション"を起動します。

XDM はシンプルでわかりやすいグラフィカルログインプロンプトを提供します。

インストール

公式リポジトリにある xorg-xdmインストールして下さい。それから xdm systemd サービスを有効化します。

XDM の Arch Linux テーマを使用したい場合は、任意で xdm-archlinux パッケージをインストールすることができます。このパッケージも公式リポジトリから取得可能です。このパッケージをインストールした場合は xdm サービスを有効化する代わりに、xdm-archlinux サービスを有効化して下さい。

設定

セッションの定義

GDMLightDM など最近のディスプレイマネージャと違って、XDM は /usr/share/xsessions ディレクトリにある .desktop ファイルからセッションを読み込みません。そのため、XDM には'セッションメニュー'が存在しません。代わりに、XDM はホームディレクトリにある .xsession ファイルを読み込みます (このファイルが存在しない場合は /etc/skel 内の .xsession ファイルを読み込みます)。通常 .xsession ファイルは XDM にセッションやスタートアップコマンドを定義する .xinitrc ファイルを読み込ませますが、.xsession ファイルに直接セッションを定義することも可能です。

.xinitrc ファイルを使ってセッションを定義したい場合、以下のコマンドを実行してデフォルトの .xsession.xinitrc ファイルをホームディレクトリにコピーして下さい:

$ cp /etc/skel/.xsession /etc/skel/.xinitrc ~

ホームディレクトリの .xinitrc.xsession ファイルは実行可能にしておきます。それから .xinitrc ファイルを編集して適当にセッションを定義して下さい。例: exec gnome-session。詳しくは xinitrc の記事を参照。

セッションを .xsession ファイル自体で定義したい場合は、ファイルを作成して適当にセッションを定義して下さい (書式は .xinitrc ファイルと同じです)。

それから次のコマンドでファイルに実行可能属性を付与してください:

$ chmod 744 ~/.xsession

テーマ

下記のオプションの正確な説明は、xdm のマニュアルページを見て下さい。

ヒント: 設定ファイルが上書きされないようにするには、/etc/pacman.conf ファイルを次のように編集してください: NoUpgrade = etc/X11/xdm/Xsetup_0 etc/X11/xdm/Xresources

壁紙

qiv などのプログラムを使って XDM で壁紙を設定することができます:

  • qiv をインストール
  • 壁紙画像を保存するディレクトリを作成、例: /root/backgrounds または /usr/local/share/backgrounds
  • ディレクトリに画像を配置。画像がない場合は [1] を見て下さい
  • /etc/X11/xdm/Xsetup_0 を編集。xconsole コマンドを次のように修正:
 /usr/bin/qiv -zr /root/backgrounds/*

フォント

  • /etc/X11/xdm/Xresources を編集。以下の定義を追加/置換:
 xlogingreetFont:  -adobe-helvetica-bold-o-normal--20------iso8859-1
 xloginfont:       -adobe-helvetica-medium-r-normal--14------iso8859-1
 xloginpromptFont: -adobe-helvetica-bold-r-normal--14------iso8859-1
 xloginfailFont:   -adobe-helvetica-bold-r-normal--14------iso8859-1

ログインダイアログの位置

以下の設定はログインダイアログを画面の右下に移動します:

 xlogin*frameWidth: 1
 xlogin*innerFramesWidth: 1
 xlogin*logoPadding: 0
 xlogin*geometry:    300x175-0-0

ロゴの削除

ロゴの定義をコメントアウト:

 #xlogin*logoFileName: /usr/X11R6/lib/X11/xdm/pixmaps/xorg.xpm
 #xlogin*logoFileName: /usr/X11R6/lib/X11/xdm/pixmaps/xorg-bw.xpm

マルチ X セッション & ウィンドウでログイン

Xdmcp を使えば、同一のマシンで複数の X セッションを同時に実行できます:

# X -query ip_xdmcp_server :2

次のコマンドはウィンドウ内に2番目のセッションを起動します (xorg-server-xephyr が必要):

# Xephyr -query this_machine_ip :2

トラブルシューティング

パスワードレスログイン

XDM でパスワードレスログインを有効化するには、/etc/pam.d/xdm をこちらの 内容 で置き換えて /etc/X11/xdm/Xresources に以下の行を追加してください:

login*allowNullPasswd: true

詳しくは FS#38436 を参照。