デフォルトアプリケーション

提供: ArchWiki
リソースオープナーから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

プログラムはさまざまな方法でデフォルトのアプリケーションの関連付けを実装します。コマンドラインプログラムは伝統的に環境変数を使いますが、グラフィカルアプリケーションでは、GIO API、Qt API または xdg-utils の一部である /usr/bin/xdg-open を実行することで、XDG MIME Applications を使用する傾向があります。xdg-openXDG MIME Applications は非常に複雑なので、様々な代替リソースオープナーが開発されました。次の表は、それぞれの方法のアプリケーション例です。

メソッド XDG を使用 アプリケーション例
GIO's GAppInfo Yes Firefox, GNOME Files, PCManFM, Thunar, Thunderbird, Telegram
/usr/bin/xdg-open By default Chromium (ダウンロードしたファイルを開く)
custom Usually not mc, ranger
環境変数 No man, sudoedit, systemctl
D-Bus の FileManager1 org.freedesktop.FileManager1 Firefox (Open containing folder), Zotero (ファイルを表示), Telegram (フォルダに表示)

多くのデスクトップ環境とグラフィカルファイルマネージャは、デフォルトのアプリケーションを設定するための GUI を提供します。

背景情報

プログラムは、ファイルや URI をユーザーの好みのアプリケーションで開く必要がある場合があります。ユーザーの好みのアプリケーションでファイルを開くには、ファイルタイプを検出し(通常はファイル名の拡張子か MIME タイプにマッピングされたマジックナンバーを使用)、そのファイルタイプに関連するアプリケーションが存在する必要があります。

Heirloom UNIX のプログラムでは、MIME タイプの検出には mime.types を、アプリケーションの関連付けには mailcap を使用していました。

リソースオープナー

  • XDG MIME Apps: XDG MIME Applications 仕様を実装しています。
  • RegEx ルール: 正規表現を使用して MIME タイプとアプリケーションを関連付けることができます。
  • URI サポート: 任意の URI スキームをアプリケーションと関連付けることができます。
名前 パッケージ XDG MIME Apps RegEx ルール URI サポート
xdg-open xdg-utils Yes No Yes
mimeopen(1p) perl-file-mimeinfo Yes No No
mimeo mimeoAUR Yes Yes Yes
whippet whippetAUR Yes No Yes
linopen linopenAUR No Yes Yes
mimi mimi-gitAUR No No partly
busking busking-gitAUR No Yes Yes
sx-open sx-openAUR No Yes Yes
rifle(1) ranger No Yes No
handlr handlr-binAUR Yes No Yes

xdg-open

xdg-open (xdg-utils の一部) は、XDG MIME Applications を実装し、多くのプログラムで使用されています。

xdg-utils 版の xdg-open は複雑なため、間違ったデフォルトのアプリケーションが開かれる場合はデバッグが困難になる場合があります。このため、これを改善しようとする代替手段が多く存在します。これらの代替品のいくつかは、/usr/bin/xdg-open 実行ファイルを置き換えるので、ほとんどのアプリケーションのデフォルトのアプリケーションの動作を変更します。その他は、単にデフォルトアプリケーションを選択するための代替方法を提供するものです。

perl-file-mimeinfo

perl-file-mimeinfomimeopen(1p)mimetype(1p) というツールを提供します。これらは、xdg-utils の同等品より少し良いインターフェイスを持っています。

# determine a file's MIME type
$ mimetype photo.jpeg
photo.jpeg: image/jpeg

# choose the default application for this file
$ mimeopen -d photo.jpeg
Please choose an application

    1) Feh (feh)
    2) GNU Image Manipulation Program (gimp)
    3) Pinta (pinta)

use application #

# open a file with its default application
$ mimeopen -n photo.jpeg

最も重要なことは、xdg-utils プログラムがデスクトップ環境を検出しない場合、MIME タイプ検出のために mimetype の代わりに file を実際に呼び出すことです。file は XDG 標準に準拠していないため、これは重要なことです。

ノート: 0.28-1 以前の perl-file-mimeinfo は XDG 標準に完全に従っていたわけではありません。例えば、distribution-wide ディストリビューション全体のデフォルトを読み込まなかったり、[https://github.com/mbeijen/File-MimeInfo/issues/8 非推奨の場所」」に設定を保存していました。

mimeo

mimeoAURxdg-openxdg-mime の機能を統合したツール mimeo を提供します。

# determine a file's MIME type
$ mimeo -m photo.jpeg
photo.jpeg
  image/jpeg

# choose the default application for this MIME type
$ mimeo --add image/jpeg feh.desktop

# open a file with its default application
$ mimeo photo.jpeg

しかし、xdg-utils との大きな違いは、mimeoはより複雑な関連付けを可能にするカスタムの「関連付けファイル」をサポートしていることです。例えば、正規表現のマッチに基づいた特定のコマンドライン引数を渡すことができます。

# open youtube links in VLC without opening a new instance
vlc --one-instance --playlist-enqueue %U
  ^https?://(www.)?youtube.com/watch\?.*v=

xdg-utils-mimeoAUR は、デスクトップ環境が検出されない場合に xdg-open が mimeo にフォールバックするように xdg-utils にパッチを当てます。

whippet

whippetAURxdg-open に似たツール whippet を提供します。 libnotify でエラーを表示し、dmenu で開くアプリケーションの選択肢を表示することで、X11 との統合を実現しています。

# open a file with its default application
$ whippet -M photo.jpeg

# choose from all possible applications for opening a file (without setting a default)
$ whippet -m photo.jpeg

XDG MIME Applications の実装に加えて、whippet は application/MIME タイプ/正規表現の関連性を加えた SQlite データベースを使って、どのアプリケーションを使用するかを決定することができます。

handlr

Rust で書かれた handlrxdg-openxdg-mime の機能を効率的なインタフェースで提供します。

xdg-utils と比較すると、以下のような点が挙げられます。

  • 拡張子による関連付けの設定、mime タイプを調べたり覚えたりする必要性を排除
  • mime タイプと拡張子の検証
  • mimeapps.list から無効なエントリを削除します。
  • ファイル名が曖昧な場合、ファイルの内容から mime タイプをインテリジェントに検出します。
  • mime、拡張子、デスクトップエントリーのオートコンプリートに対応
# The following two are identical
handlr set .png feh.desktop
handlr set image/png feh.desktop

# List default apps
handlr list

# Get the handler for a mime/extension
$ handlr get .png --json
{"handler":"pqiv.desktop","name":"pqiv","cmd":"/usr/bin/pqiv"}

# Launch a handler with optional path/URL
handlr launch x-scheme-handler/https
handlr launch x-scheme-handler/https -- https://google.ca

xdg-utils-handlrAUR は、内部で handlr を使用して xdg-utils を置き換えるxdg-open を提供します。

ミニマルなリプレイスメント

以下のパッケージは独自の /usr/bin/xdg-open スクリプトを提供しているため、 xdg-utils と競合して提供されます。

もし、xdg-utils を使用しながら、これらのリソースオープナーを使用したい場合、/usr/bin の前の PATH ディレクトリに手動でインストールしてください。

  • linopenAUR - 170 行の Bash スクリプト、正規表現をサポートしています。
  • mimi-gitAUR - 130 行の Bash スクリプトで、MIME タイプごとにコマンド引数を変更することができます。
  • busking-gitAUR - 80 行の Perl スクリプトで、mimiに似ていますが、正規表現もサポートしています。
  • sx-openAUR - 60 行の Bash スクリプト、シンプルなシェルベースの設定ファイルを使用します。

mailcap の実行

警告: run-mailcapAUR を使うと xdg-open がそれに委譲する可能性があります。もし mailcap/etc/mailcap を使っているならば、これも xdg-open に委譲されるので、無限ループを引き起こします。