GPD Pocket

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

こちらは GPD Pocket を Arch Linux で動作させるガイドです。

スペック

  • ディスプレイ: 7インチ IPS 1920x1200
  • CPU: Intel Atom X7-Z8750
  • メモリ: 8GB LPDDR3-1600
  • ストレージ: 128GB eMMC SSD (交換不可)
  • バッテリー: 7000mAH
  • WiFi: Broadcom 4356 802.11ac
  • Bluetooth: Broadcom 2045
  • オーディオ: Realtek ALC5645
  • 端子: 1 x USB 3 type A, 1 x MicroHDMI, 1 x USB 3 type C 1 x 3.5mm ヘッドホンジャック

インストール

起動時にコンソールを回転するためにカーネル行に fbcon=rotate:1 を追加してください。USB Ethernet を使ってインストールガイドに従ってインストールします。インストール時に /etc/pacman.conf に以下を追加してカスタムリポジトリを追加してください:

/etc/pacman.conf
[gpd-pocket] 
SigLevel = Optional TrustAll 
Server = https://github.com/njkli/$repo/releases/download/$arch

以下のコマンドでカスタムカーネルとファン制御をインストールしてください:

# pacman -S --force gpd-pocket-support

設定

バックライトと初期 KMS

バックライトの制御には linux-jwrdegoede (Hans) カーネルに含まれている pwm_lpsspwm_lpss_platform モジュールが必要です。4.14 までの標準カーネルには含まれていません。Hans カーネルは gpd-pocket-support パッケージの依存パッケージとしてインストールされます。

起動の初期段階で KMS を起動する場合、上記のモジュールと一緒に i915 をロードしないと、正しくロードされないので注意してください。

電源とファン

TLP をインストールして、/etc/default/tlp の以下の行を編集してください:

/etc/default/tlp
...
DISK_DEVICES="mmcblk0"
DISK_IOSCHED="deadline" 
...

以下のコマンドでファンの設定をコピーして設定をアンコメントしてください:

# cp /etc/default/gpd-fan.example /etc/default/gpd-fan

WiFi

ノート: 以下の設定は gpd-pocket-support パッケージに含まれています。

こちら から brcmfmac4356-pcie.txtbrcmfmac4356-pcie.bin をダウンロードして /lib/firmware/brcm/ にコピーしてください。そして以下のコマンドを実行:

# modprobe -r brcmfmac
# modprobe brcmfmac
ノート: 起動時に以下のエラーが発生する場合:
brcmfmac: brcmf_chip_recognition: chip backplane type 15 is not supported
brcmfmac: brcmf_pcie_probe: failed 14e4:43ec
broadcom-wl-dkms をインストールしてみてください。

Bluetooth

bluetooth をロードするには btusb モジュールを有効にします:

/etc/modules-load.d/btusb.conf
btusb

Xorg

/etc/X11/xorg.conf.d/20-intel.conf を作成してグラフィックを設定:

/etc/X11/xorg.conf.d/20-intel.conf
Section "Device" 
	Identifier  "Intel Graphics" 
	Driver      "intel" 
	Option      "AccelMethod"     "sna" 
	Option      "TearFree"        "true" 
	Option      "DRI"             "3" 
EndSection

/etc/X11/xorg.conf.d/40-monior.conf を作成してモニターを回転:

/etc/X11/xorg.conf.d/40-monior.conf
Section "Monitor" 
	Identifier "DSI1" 
	Option "Rotate" "right" 
EndSection 

/etc/X11/xorg.conf.d/99-touchscreen.conf を作成してタッチスクリーンを回転:

/etc/X11/xorg.conf.d/99-touchscreen.conf
Section "InputClass" 
	Identifier	"calibration" 
	MatchProduct	"Goodix Capacitive TouchScreen" 
	Option  "TransformationMatrix" "0 1 0 -1 0 1 0 0 1" 
EndSection 

もしくは こちら のファイルをコピーして使うこともできます。

マウススクロールのエミュレーション

右クリックを押しながらのスクロールは /etc/X11/xorg.conf.d/80-trackpoint.conf で設定できます:

/etc/X11/xorg.conf.d/80-trackpoint.conf
Section "InputClass"
        Identifier "GPD trackpoint"
        MatchProduct "SINO WEALTH Gaming Keyboard"
        MatchIsPointer "on"
        Driver "libinput"
        Option "MiddleEmulation" "1"
        Option "ScrollButton" "3"
        Option "ScrollMethod" "button"
EndSection

サウンド

こちら から chtrt5645.confHiFi.conf をダウンロードして /usr/share/alsa/ucm/chtrt5645/ にコピーしてください。そして /etc/pulse/default.pa に以下の行を追加:

/etc/pulse/default.pa
set-card-profile alsa_card.platform-cht-bsw-rt5645 HiFi
set-default-sink alsa_output.platform-cht-bsw-rt5645.HiFi__hw_chtrt5645_0__sink
set-sink-port alsa_output.platform-cht-bsw-rt5645.HiFi__hw_chtrt5645_0__sink [Out] Speaker

/etc/pulse/daemon.conf を編集して realtime_scheduleing をオフにしてください: realtime-scheduling = no

DPI

HiDPI を参照してください。

タッチスクリーンのジェスチャ

touchegg をインストールして こちら から設定ファイルをダウンロードしてパーミッションを設定してください:

# cp touchegg.conf /usr/share/touchegg/
# chmod 0644 /usr/share/touchegg/touchegg/touchegg.conf
# cp 01_touchegg /etc/X11/xinit/xinitrc.d/
# chmod 0755 /etc/X11/xinit/xinitrc.d/01_touchegg

GNOME Wayland / GDM

~/.config/monitors.xml を編集してください (存在しない場合は作成してください):

~/.config/monitors.xml
<monitors version="2">
  <configuration>
    <logicalmonitor>
      <x>0</x>
      <y>0</y>
      <scale>2</scale>
      <primary>yes</primary>
      <transform>
        <rotation>right</rotation>
        <flipped>no</flipped>
      </transform>
      <monitor>
        <monitorspec>
          <connector>DSI-1</connector>
          <vendor>unknown</vendor>
          <product>unknown</product>
          <serial>unknown</serial>
        </monitorspec>
        <mode>
          <width>1200</width>
          <height>1920</height>
          <rate>60.384620666503906</rate>
        </mode>
      </monitor>
    </logicalmonitor>
  </configuration>
</monitors>

上記の設定で向き (<rotation>right</rotation>) とスケールファクタ (<scale>2</scale>) が設定されます。スケールについては HiDPI#GNOME を参照してください。

GDM を使用する場合、上記の ~/.config/monitors.xml/var/lib/gdm/.config/monitors.xml にコピーすることで向きが正しく設定されます。

既知の問題

標準の Arch カーネルではバッテリーの状態やディスプレイの輝度制御が機能しません。Hans Kernel を使ってください。Wifi はカーネル 4.12 から、Bluetooth はカーネル 4.14 から標準カーネルで動作するようになっています。

参照