Lenovo ThinkPad X1 Extreme

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
デバイス 状態 モジュール
Intel UHD 630 Graphics 動作 i965
Nvidia GTX 1050 Ti (Max-Q) 動作 nvidia
Intel I219-V Ethernet 動作 e1000e
Intel 9560 ワイヤレス 動作 iwlwifi
Realtek ALC285 オーディオ 動作 snd_hda_intel
Synaptics タッチパッド 動作 synaptics + libinput
SunplusIT カメラ 動作 uvcvideo
カードリーダー 動作 xhci_hcd
Intel 9560 Bluetooth 動作 btusb
Intel JHL7540 Thunderbolt 動作 thunderbolt
Synaptics 指紋リーダー 未動作

ThinkPad X1 Extreme は Lenovo から2018年度の ThinkPad X ラインナップとして発売された薄型・軽量の 15.6 インチワークステーション・マルチメディアノートパソコンです。

このページでは X1 Extreme で Arch Linux を動作させるときの詳細を扱います。ノートパソコン一般の情報についてはノートパソコンを、他の ThinkPad ノートパソコンについては ThinkPad を見てください。

ノート: ほとんど同じハードウェアを搭載しているワークステーションとして ThinkPad P1 が存在します。このページの情報の多くは P1 モデルにも当てはまります。

ハードウェア互換性

BIOS アップデート

Arch Linux 環境で必須というわけではありませんが、ノートパソコンを使うときは基本的に BIOS アップデートをすることが強く推奨されます。初期バージョンの 1.13 には複数のバグが存在し、ノートパソコンが文鎮化する可能性があります: Reddit thread discussing the issue; another Reddit thread discussing a different bricking issue

BIOS アップデートは fwupd や Windows の Lenovo Vantage アプリケーション、あるいは Lenovo のウェブサイト から行うことができます。

推奨される BIOS のバージョンは v1.17 以上です (LVFS では 0.1.17 と表記されています)。最新版の v1.18 には修正がさらに加えられていますが、2019年1月現在 Lenovo のウェブサイトからしか入手できません。

グラフィック

テキストモードは何も設定しなくても動作します。

X11 を起動するには Xorg.conf で適切なカード ID のドライバーを設定する必要があります。例:

Section "Device"
       Identifier  "Card1"
       # pick between "modesetting" and "intel" here (intel requires xf86-video-intel)
       Driver      "modesetting"
       BusID       "PCI:0:2:0"
EndSection

Wayland コンポジタは上記の設定以外の設定を必要としません (Plasma と Sway でテスト済み)。

ハイブリッドグラフィックは Bumblebee で動作します。HDMI 端子は Nvidia のチップに接続されています。詳しくは Bumblebee#NVIDIA のチップに出力が接続されている場合を参照。

Nvidia だけで動作するかはテストしていませんが、おそらく nvidia-xconfig で生成したデフォルト設定で (HDMI 出力含め) 問題なく動作するはずです。

Thunderbolt

Thunderbolt は特に設定をしなくても動作します (ThinkPad Thunderbolt 3 ドックで確認)。セキュリティについて詳しくは Thunderbolt を見てください。DisplayPort/HDMI 端子は NVIDIA GPU にのみ接続されています。

他のハードウェア

ウェブカメラは何も設定なくても動作しますが、スライダーの状態に関係なく常に接続状態として認識されます (保護スライダーを閉じているとき Windows では「非接続」画像が表示されます)。ただし、スライダーを閉じているとき、カメラの画像は完全に黒画像となります。

指紋スキャナはいまのところ libfprint でサポートされていません。リバースエンジニアリングによる開発が こちら で進めれていますが、停滞しているようです。上流の libfprint バグが こちら から確認できます。

その他のハードウェアは全て問題なく動作します。

ソフトウェアの設定

Linux における Dolby Atmos エフェクト

Windows 環境における Dolby Atmos と同じスピーカーの音質・エフェクトを得るには、PulseAudiopulseeffects をインストール・設定してください。Dolby Atmos プリセットを JackHack96 の Github からダウンロードして PulseEffects GUI の "Convolver" タブで有効化できます。

TLP

TLP でバッテリーの起動・停止の閾値を設定するには、acpi_call をインストールして /etc/default/tlp を以下のように編集:

START_CHARGE_THRESH_BAT0=80
STOP_CHARGE_THRESH_BAT0=90

CPU スロットリングの設定

s-tuiAUR を使ってストレステストを行うと CPU の電源の上限が 38W となっていることがわかります。CPU の温度は 81C に保たれるため i7-8750H では最大周波数は約 2850 MHz となります。他の新しい Thinkpad ノートパソコンと同じように、この制限は lenovo-throttling-fix-gitAUR[リンク切れ: パッケージが存在しません] を使うことで回避できます。電源の上限を 44W まで上げて performance CPU 周波数スケーリングガバナーを使うことで CPU は同じでも 3100 MHz (温度 95C) で動作させることが可能です。

一時的な修正について詳しくは lenovo-throttling-fix ホームページ を見てください。正当な解決方法 は Linux 5.0 または 5.1 で取り込まれる予定です。

CPU 低電圧化

CPU/Intel GPU の低電圧化を intel-undervolt で行うことができます。i7-8750H と i7-8850H CPU では -150mV が基本的に安全なラインですが、個人差が存在します。

カーネルパラメータ

2019年1月現在、以下のカーネルパラメータを使うことができます:

  • i915.enable_psr=1 - Intel graphics の panel self-refresh を有効にして、電力を節約します。
  • i915.fastboot=1 - 起動時にモードセッティングをスキップして、対応するブートローダーでちらつきを抑えます (rEFInd, 解像度を設定した GRUB2 など)。
  • i915.enable_guc=2 - GuC/HuC ファームウェアのロードが有効になり、場合により動画のエンコーディングでハードウェアアクセラレーションが効果を発揮します。

仕様

このページの情報は全て製造番号 20MF000BUS と 20MFCTO1WW のノートパソコンでテストしています。仕様は以下の通り:

  • CPU: Intel Core i7-8750H / i7-8850H
  • グラフィック: ハイブリッド Intel UHD 630 + Nvidia GTX 1050 Ti Max-Q
  • ディスプレイ: Innolux N156HCE-EN1 1920x1080/60Hz IPS (他のメーカー製の場合あり)
  • メモリ: 16GB / 32GB
  • SSD: Intel 7600p シリーズ 512GB NVMe / Samsung 970 Pro 1TB NVMe