Rdesktop

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

rdesktop は Microsoft のプロプライエタリな RDP プロトコルのフリーでオープンソースなクライアントで GNU General Public License の下でリリースされています。rdesktop を使って Windows 2000/XP/Vista/Win7 の RDP サーバーに接続して Windows PC をリモートで管理することができます。

2008年7月現在、rdesktop は RDP 5 の大部分を実装していて、以下のような機能が含まれます:

  • ビットマップキャッシュ
  • ファイルシステム、オーディオ、シリアルポート、プリンタポートのリダイレクト
  • 多数の各国語キーボードのマッピング
  • ストリーム圧縮と暗号化
  • 自動認証
  • スマートカードのサポート
  • SeamlessRDP による RemoteApp のような"シームレス"モードのサポート

以下の機能はまだ実装されていません:

  • リモートアシスタンスの要求
  • USB デバイスのリダイレクト

RDP 5.1 や RDP 6 で追加された機能のサポート (マルチヘッドディスプレイ表示やウィンドウコンポジション) もまだ実装されていません。

インストール

公式リポジトリから rdesktopインストールしてください。

使用方法

オプションの完全なリストについては rdesktop の man ページを見て下さい。下は典型的な使用になります:

$ rdesktop -g 1440x900 -P -z -x l -r sound:off -u windowsuser 98.180.102.33:3389

左から右に意味を解説すると:

-g 1440x900 ディスプレイの解像度を 1440x900 に設定。
-P ビットマップキャッシュの有効化・変換の高速化。
-z RDP データストリームの圧縮を有効化。
-x l "lan" 品質レベルを使う、他のオプションについては man ページを見て下さい。
-r sound:off サーバーで生成されたサウンドを null にリダイレクト。
-u windowsuser Windows PC にログインするときに使用するユーザー名を定義します。
98.180.102.33:3389 対象マシンの IP アドレスとポート番号。

ヒントとテクニック

自動スケーリング

画面にあわせて自動スケールするようにするには、rdekstop のコマンドラインに次を渡して下さい:

-g $(xrandr -q | awk '/Screen 0/ {print int($8/1.28) $9 int($10/1.2)}' | sed 's/,//g')

"-g" フラグを使う方法もあります:

 $ rdesktop -g 100% -P -z 98.180.102.33:3389

IP アドレスの代わりに NetBIOS 名を使う

ネットワークの Windows コンピュータの IP アドレスがわからない場合、wins サポートを有効にする必要があります。そのためには、samba をインストールしてください。samba で wins を有効にするのは驚くほど簡単です: /etc/samba/smb.conf を編集して次の行を追加するか適当な行をアンコメントしてください:

wins support = yes

そして winbind をインストールして、/etc/nsswitch.conf を編集してホストのリストに "wins" を追加してください。

smbdnmbd サービスを再起動して Windows の NetBIOS ホストに ping を送信してテストしてください。

表示されないカーソルを補う

カーソルテーマ#欠けているカーソルを補うを参照。

参照