ファイルマネージャの機能

提供: ArchWiki
GVFSから転送)
移動先: 案内検索

この記事ではファイルマネージャの機能を拡張するのに必要な追加のソフトウェアパッケージを紹介します。特に Openbox などのウィンドウマネージャを使用する場合に役に立ちます。パスワードを必要としないパーティションやリムーバルメディアへのアクセスなども可能になります。

概要

ノート: 以下で示しているソフトウェアパッケージは、インストールするとファイルマネージャによって勝手に読み込まれます。

ファイルマネージャだけでは XfceKDE などの完全なデスクトップ環境で使うことが出来る機能は実現しません。ファイルマネージャが以下のことを行うには追加のソフトウェアパッケージが必要になるからです:

  • 他のパーティションの表示とアクセス
  • リムーバルメディア (例: USB スティック, 光ディスク, デジタルカメラ) の表示・マウント・アクセス
  • 別のオペレーティングシステムとの共有ネットワークの有効化
  • サムネイルの有効化
  • ファイルの圧縮と展開
  • リムーバルメディアの自動マウント

ファイルマネージャが完全なデスクトップ環境の一部としてインストールされた場合、大抵は追加のソフトウェアパッケージも自動的にインストールされるのが基本です。逆に、スタンドアロンのウィンドウマネージャのためにファイルマネージャがインストールされたときは、ウィンドウマネージャそれ自体と同じように、あくまで基本的な機能だけしか揃っていません。ユーザーがどの機能を追加するか決める必要があります。

追加機能

軽量な環境を使っている場合、もしくは軽量な環境を使うつもりの場合、ファイルマネージャの機能を増やすと一般的により多くのメモリを使用することになるので注意してください。udisks も参照。

マウント

  • gvfs: GNOME 仮想ファイルシステム (Gnome Virtual File System) はマウントとゴミ箱の機能を提供します。GVFS はマウント機能に udisks2 を利用し、ほとんどのファイルマネージャで推奨されているソリューションです。
ヒント: ファイルマネージャによっては gamin パッケージをインストールすると便利になることがあります。Gamin はファイルとディレクトリの監視システムです。

GVFS によって使用されるフォルダ:

  • /usr/lib/gvfs/ には gvfsd-* ファイルが含まれます。* は様々なサポートされているファイルシステムのタイプに置き換わります。
  • /usr/share/gvfs/mounts/ には GVFS のマウントルールが含まれています。自分で作成したルールを使いたいときは、~/.gvfs/mounts を作成してください。

カメラやモバイル端末などにアクセスできるようにするには gvfs-* パッケージが必要です。例:

  • gvfs-mtp: MTP を使用するメディアプレイヤーやモバイル端末
  • gvfs-gphoto2: PTP を使用するデジタルカメラやモバイル端末
  • gvfs-afc: Apple のモバイル端末

root パスワードがいらない GVFS マウント

以下のルールは storage グループでシステムデバイスのファイルシステムのマウントを可能にします。

/etc/polkit-1/rules.d/10-enable-mount.rules
polkit.addRule(function(action, subject) {
    if (action.id == "org.freedesktop.udisks2.filesystem-mount-system" && subject.isInGroup("storage")) {
        return polkit.Result.YES;
    }
});

ファイルマネージャデーモン

最初にインストールしているファイルマネージャをデーモンモードで (つまりバックグラウンドプロセスで) 自動的に起動します。例えば、OpenboxPCManFM を使っている場合、以下のコマンドを ~/.config/openbox/autostart ファイルに追加します:

pcmanfm -d &

ボリューム管理に関してはファイルマネージャ自体の設定も必要になります (例: マウント時に特定のファイルタイプが検出されたときにどのアプリケーションを実行するかなど)。

ヒント: ほとんどのデスクトップ環境はデフォルトでデーモンモードでファイルマネージャを起動します。従って大抵の場合、手動の設定は必要ありません。

スタンドアロン

マウントアプリケーションをインストールするという選択肢もあります。マウントアプリケーションを利用する利点は:

  • ファイルマネージャを実行するよりもバックグラウンド/デーモンプロセスで実行するのに必要なメモリが少ない
  • ファイルマネージャに縛られないので、自由に追加・削除したり切り替えることが可能
  • マウントするのに gvfs をインストールする必要がない。メモリの使用量が減らせる。ただし、ゴミ箱などの、このパッケージが持つ他の機能も失われる

ネットワーク

ノート: 関連するファイルマネージャの機能を有効にするには Bluetooth を有効にしたり Windows とのネットワークを有効にする必要もあります。
  • obexfs: Bluetooth デバイスのマウントとファイル転送 (Bluetooth を参照)
  • gvfs-smb: KDE 以外のデスクトップのための Windows ファイル・プリンタ共有 (Samba を参照)
  • kdenetwork-filesharing: KDE のための Windows ファイル・プリンタ共有 (Samba#KDE を参照)
  • sshfs: SSH ファイル転送プロトコルに基づく FUSE クライアント

Windows アクセス

gvfs-smb を使用して Windows/CIFS/Samba ファイル共有にアクセスするには、まずファイルマネージャを開いて、以下をパスに入力してください (<sever name> と <share name> は適切なものに置き換えて下さい):

smb://<server name>/<share name>

Apple アクセス

AFP のサポートは gvfs に含まれています。AFP ファイルにアクセスするには、まずファイルマネージャを開いて、以下をパスに入力してください (<sever name> と <share name> は適切なものに置き換えて下さい):

afp://<server name>/<share name>

サムネイルプレビュー

以下で示しているパッケージをインストールしたとしても、ファイルマネージャによってはサムネイルの作成をサポートしていないことがあります。ファイルマネージャのドキュメントを確認してください。

Dolphin と Konqueror 以外のファイルマネージャ

以下のパッケージは PCManFM, SpaceFM, Thunar, xfe など多数のファイルマネージャに適用されます。例外は KDE デスクトップ環境で使用されている Dolphin と Konqueror です。

Dolphin と Konqueror (KDE)

KDE デスクトップ環境の Dolphin や Konqueror ファイルマネージャでは別の (追加) パッケージが利用できます。

圧縮ファイル

tarball (.tar.tar.gz) などの圧縮ファイルをファイルマネージャで解凍するには、まず file-roller などの GUI アーカイバをインストールする必要があります。詳しくはアプリケーション一覧#圧縮ツールを見て下さい。zip で圧縮された .zip を利用するには unzip などの追加のパッケージもインストールする必要があります。アーカイバをインストールしたら、ファイルマネージャでファイルを右クリックして圧縮したり展開できます。

NTFS の読み書きサポート

ntfs-3g をインストールしてください。詳しくは NTFS-3G の記事を見て下さい。

デスクトップ通知

ファイルマネージャの中にはデスクトップ通知を利用してマウントやアンマウント、リムーバルメディアのエジェクトなどのイベントや状態を知らせるものがあります。

トラブルシューティング

ドライブをマウントしようとした際に "Not Authorized"

udisks を使用するファイルマネージャには polkit 認証エージェントが必要です。polkit#認証エージェント を見て下さい。

パーティションやリムーバルメディアにアクセスするのに必要なパスワード

警告: パッケージに含まれているデフォルトの polkit パーミッションファイルを編集しても無意味です。パッケージが更新されると上書きされるからです。

他のパーティションやマウントしたリムーバルメディアにアクセスするのにパスワードが必要なのは udisks2 のデフォルトのパーミッション設定が原因です。厳密に言えば、パーミッションは root アカウントにだけ設定されており、ユーザーアカウントには設定されていません。この挙動を修正する方法はシンプルです:

  1. ユーザーアカウントを storage グループに追加してください。詳しくはユーザーとグループを参照。
  2. #root パスワードがいらない GVFS マウント で示されている polkit ルールを作成。

これで storage グループのユーザーは、パスワードをきかれることなく、システムデバイスのファイルシステムをマウントすることができるようになります。

ディレクトリがファイルマネージャで開かれない

ディレクトリを開くのに使われるデフォルトアプリケーションが Audacious など、ファイルマネージャではないアプリケーションになってしまうことがあります。デフォルトになる可能性があるアプリケーションは、デスクトップエントリで MIME タイプの inode/directory を扱うことができると指定されているアプリケーションです。どのアプリケーションでディレクトリが開かれるのかは次のコマンドで確認できます:

$ xdg-mime query default inode/directory

ファイルマネージャでディレクトリが開かれるようにするには、次のコマンドを実行:

$ xdg-mime default my-file-manager.desktop inode/directory

my-file-manager.desktop はファイルマネージャのデスクトップエントリに置き換えてください (例: org.gnome.Nautilus.desktop)。

ヒント: 上記の変更をシステム全体で適用するには、root で上のコマンドを実行するか、以下のファイルを作成・編集してください:
/usr/share/applications/mimeapps.list
[Default Applications]
inode/directory=my-file-manager.desktop