IceWM

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Wikipedia より:

IceWM は、X Window System のウィンドウマネージャの一つ。Marko Maček によってゼロから C++ で書かれた。ライセンス形態は GNU Lesser General Public License。メモリ使用量と CPU 使用率が比較的低いのが特徴である。テーマをサポートしており、Windows 95、OS/2、Motif などのユーザインタフェースに似せることができる。

その設定能力とシンプルなセッション管理ができることから IceWM はシンプルな DE と機能豊富な WM の中間に位置します。

インストール

公式リポジトリicewm パッケージで IceWM をインストールできます。

また、AUR からは最新版の testing ブランチ (icewm-testingAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror]) や CVS 版 (icewm-cvsAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror]) が利用可能です。これらのバージョンには新しい機能が追加されていたりバグフィックスがなされています (開発はゆったりとしているのでほとんどの場合は公式リポジトリの icewm と変わりありません)。

スタンドアロンの WM として使う

スタンドアロンのウィンドウマネージャとして IceWM を実行するには、次を ~/.xinitrc に追加してください:

exec icewm

icewm-session は icewm, icewmbg, icewmtray を実行します。次を ~/.xinitrc に追加すれば基本的なセッション管理が出来ます:

exec icewm-session

logind セッションの維持などの詳細は xinitrc を見て下さい。

デスクトップ環境の WM として IceWM を使う

DE と一緒に IceWM を使うのに必要な設定は Openbox と (そしておそらく他の WM とも) 同じです。

設定

IceWM の設定は基本的にテキストによって行いますが、GUI によるツールも存在します。特に [community] には icewm-utilsAUR があります。ただし、こうしたツールは比較的古くなっており、多くのユーザーはテキストの設定ファイルを編集する方を好むでしょう。デフォルトからの設定の変更はシステム全体 (/etc/icewm/) もしくはユーザーごと (~/.icewm/) に行うことができます。

icewm の設定をデフォルトから変更するには、/usr/share/icewm/ から ~/.icewm/ にデフォルトの設定ファイルをコピーしてください、例えば:

ノート: root ではなく通常ユーザーで行なって下さい。
$ mkdir ~/.icewm/
$ cp -R /usr/share/icewm/* ~/.icewm/
  • preferences IceWM のコアの設定ファイル
  • menu IceWM のアプリケーションメニューの中身
  • keys キーボードショートカットのカスタマイズ
  • toolbar タスクバーのランチャーアイコン
  • winoptions 個々のアプリケーションの挙動
  • theme テーマのパスと名前
  • startup 起動時に実行するスクリプトやコマンド (実行可能である必要があります)
  • shutdown シャットダウン時のスクリプト・コマンド
ノート:
  • Startup commands that install system tray applets must be preceded by sleep 1 &&, otherwise IceWM will create an ugly black window that will prevent it from quitting; in that case, use xkill on the task bar.
  • You will have to create the startup script yourself as it is not included in the package. Don't forget to make it executable.

メニュー

  • 公式リポジトリにある menumaker は、システムにインストールされているものからアプリケーションメニューを自動的に作成する Python スクリプトです。このスクリプトを使うと不必要なアプリケーションでメニューが埋まってしまう可能性もありますが、menu 設定ファイルを手動で編集するよりかは楽だと思われます。MenuMaker を実行するとき、-f フラグを使うと既存のメニューファイルを上書きします:
# mmaker -f icewm
  • 他にも perl で書かれているツールとして archlinux-xdg-menu があります:
# xdg_menu --format icewm --fullmenu --root-menu /etc/xdg/menus/arch-applications.menu > ~/.icewm/menu

テーマ

スパルタな 'old Windows' フィールは最高ですが、デフォルトで複数のテーマが含まれており、リポジトリに入っている icewm-themes パッケージでさらに選択肢が増えます。box-look.org には様々な例があります ([1], [2], [3] など)。

ファイルマネージャ

IceWM にはウィンドウマネージャしかなくファイルマネージャは含まれていません。PCManFM や Rox Filer でデスクトップアイコンを使えるようにできます。Idesk を使ってこの機能を果たすことも可能です。

ノート: 他にもファイルマネージャについては、カテゴリ:ファイルマネージャに様々なページが記載されています。

トラブルシューティング

スタートメニューアイコンが表示されない (Intel graphics)

Intel Graphics を使っている場合、タスクバーのスタートメニューにアイコンが表示されないことがあります。これは最近の xf86-video-intel で新しく不安定な SNA アクセラレーションバックエンドを古くて安定している UXA アクセラレーションバックエンドに代わってデフォルトで使用するように変更がなされたことが原因です。アクセラレーションバックエンドを変更する方法はここに載っています。

PCManFM を使ってデスクトップを管理しているとログアウトできない

PCManFM を使ってデスクトップを管理している場合、IceWM のログアウトボタンが機能しなくなることがあります。回避方法はログアウトコマンドを定義することです。定義するには、~/.icewm/preferences を開いて、次の行をアンコメントしてください: # LogoutCommand=""。そしてログアウトするのに使うコマンドを入力してください。例えば: LogoutCommand="pkill -u username"。username はあなたのユーザー名に置き換えてください。

ログアウトメニューにシャットダウンや再起動のオプションが表示されない (ログアウトコマンドを定義している)

ログアウトコマンドを定義するとシャットダウンや再起動コマンドが無視されるようになります。ログアウトメニューにシャットダウンや再起動のオプションが必要な場合はログアウトコマンドを定義しないでください。

ログアウトメニューにシャットダウンや再起動のオプションが表示されない (ログアウトコマンドを定義していない)

シャットダウンや再起動コマンド (systemctl poweroff や systemctl reboot など) を定義していてログアウトコマンドを定義していないのにログアウトメニューにシャットダウンや再起動のオプションが表示されない場合、おそらく使っている IceWM が 1.3.8 なのが原因です。IceWM 1.3.8 では上流でバグが混入しており、メニューダイアログが動かなくなっています。ここここ を見て下さい。今のところ回避するには IceWM 1.3.7 にダウングレードするしかありません。Arch Rollback Machine に IceWM 1.3.7 パッケージがあります。

参照