カーネルモジュールパッケージガイドライン

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

パッケージの分離

システム上に複数のカーネルをインストールしたいというユーザーのために、カーネルモジュールを含むパッケージには特別な扱いが必要です。

カーネルモジュールと他の補助ファイル・ユーティリティが含まれているソフトウェアをパッケージ化するときは、補助ファイルとカーネルモジュールを分離してください。

ガイドライン

カーネルモジュールが含まれているソフトウェア (例えば NVIDIA ドライバー) をパッケージにするときは:

  • 標準カーネルのカーネルモジュールだけが含まれる nvidia パッケージを作成。
  • 補助ファイルが含まれる nvidia-utils パッケージを作成。
  • nvidianvidia-utils に依存するように設定 (何か理由があれば設定しなくてもかまいません)。
  • kernel26-mm など他のカーネル用のモジュールの場合、そのカーネルに対応するカーネルモジュールが含まれた nvidia-mm を作成して、同じように nvidia-utils に依存させます。
  • nvidia は最新のカーネルバージョンに依存するようにしてください。例:
depends=('kernel26>=2.6.24-2' 'kernel26<2.6.25-0' 'nvidia-utils')

上記の例で 2.6.24-1 ではなく 2.6.24-2 となっているのは、カーネルのサブシステムに重要な変更があったために、全てのモジュールを再ビルドする必要があるからです。そのような場合では depends のバージョンを変更しないと、古いバージョンのカーネルを使っているユーザーからモジュールが壊れていると報告を受ける可能性があります。

原則

別のカーネル向けにビルドされたカーネルモジュールを別のディレクトリに保存することでカーネルモジュールを共存させることができ、補助ファイルはひとつの場所にまとめることができます。モジュールと補助ファイルの両方がパッケージに含まれている場合、パッケージの補助ファイルが衝突してしまうため pacman でモジュールをインストールできなくなってしまいます。

モジュールと他のファイルを分離することで同一マシン上に複数のカーネルが存在する場合でも複数のカーネルモジュールパッケージをインストールして補助ファイルを共有することが可能になります。

ファイルの配置場所

既存の同じ名前のモジュールを上書きするようなカーネルモジュールの場合、/lib/modules/xx.yy.zz-ARCH/updates ディレクトリにモジュールを配置してください。depmod が実行されたとき、/lib/modules/xx.yy.zz-ARCH/updates ディレクトリのモジュールが優先されます。