Rust パッケージガイドライン

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

このドキュメントでは RustPKGBUILD を書く時の基準とガイドラインを説明しています。

一般的なガイドライン

パッケージの命名

Rust のバイナリの場合はプログラムの名前だけを使ってください。

ノート: パッケージ名は全て小文字である必要があります。

ビルド

Rust パッケージのビルド:

 build() {
   cargo build --release --locked
 }

説明:

  • --releasecargo はリリースビルドをコンパイルします。
  • --lockedcargoCargo.lock ファイルを変更して依存関係を更新しなくなります。再現可能なビルド とするために必要です。

チェック

大抵の Rust プロジェクトではテストスイートを簡単に実行できるようになっています:

 check() {
   cargo test --release --locked
 }

パッケージ

Rust はバイナリを target/release にビルドするので /usr/bin にインストールします:

 package() {
   install -Dm 755 target/release/${pkgname} -t "${pkgdir}/usr/bin"
 }

パッケージによっては man ページなど他のファイルもインストールするので、cargo を用いるのがよいでしょう:

package() {
  cargo install --root "${pkgdir}"/usr --root "${srcdir}/${pkgname}-${pkgver}"
}