Ruby Gem パッケージガイドライン

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Ruby で書かれたソフトウェアの PKGBUILD の書き方。

パッケージの命名規則

ライブラリの場合、ruby-$gemname を使って下さい。アプリケーションの場合、プログラムの名前を使って下さい。どちらの場合でも名前は小文字である必要があります。

たとえ $gemnameruby が含まれている場合でも ruby- を最初に付けるようにしてください。後で gem の名前が短くなったときに困らないようにするためです。また、ツールによって簡単に名前を解析できるようにするためでもあります (PKGBUILD ジェネレータやバージョン・依存関係チェッカーなど)。

バージョン付きパッケージ

If you need to add a versioned package then use ruby-$gemname-$version, e.g. ruby-builder-3.2.1. So rubygem dependency builder=3.2.1 will turn into ruby-builder-3.2.1 Arch package.

In case if you need to resolve "approximately greater" dependency ~> then package should use version without the last part, e.g. rubygem dependency builder~>3.2.1 will turn into ruby-builder-3.2. An exception for this rule is when "approximately greater" dependency matches the latest version of the gem - in this case avoid introducing a new versioned package and use just ruby-$gemname instead (the HEAD version).

Another problem with versioned packages is that it can conflict with other versions, e.g. because the packages install the same files in /usr/bin. One solution for this problem is that versioned packages should not install such files - only HEAD version package can do this.

サンプル

ruby-json_pureAURruby-hpricot などを見てください。

ノート

Add --verbose to gem arguments to receive additional information in case of troubles.

ノート: 最新版の Ruby では gem--no-user-install 引数の使用が必須になっています (詳しくは FS#28681 を参照)。

Quarry

手動で gemfile を管理するかわりに、ビルド済みの Arch バイナリパッケージの非公式リポジトリである quarry を使うことができます。詳しくは Quarry を参照。

配慮事項

Package contains reference to $pkgdir

たまにパッケージのビルド時に WARNING: Package contains reference to $pkgdir という警告が表示されることがあります。パッケージ化したファイルの中にパッケージをビルドしたディレクトリの絶対パスが含まれています。問題のファイルを探すために cd pkg && grep -R "$(pwd)" . を実行してください。ほとんどの場合、.../ext/Makefile 内にハードコードされたパスが原因です。

ノート: folder ext contains native extension code usually written in C. During the package installation rubygems generates a Makefile using mkmf library. Then make is called, it compiles a shared library and copies one to lib gem directory.

gem install が完了したら Makefile は不要です。package() 関数に rm -rf "$pkgdir/$_gemdir/gems/$_gemname-$pkgver/ext" を追加することで ext のファイルを完全に削除できます。

自動化

pacgemAUR ツールを使うことで gem のインストールは完全に自動化できます。一時的な PKGBUILD が作成され、makepkgnamcap が実行されます。作成されたパッケージは pacman でインストールされます。

Ruby gem の PKGBUILD を自動的に作成するツールとして gem2archAUR も存在します。生成後は PKGBUILD を手動で確認してください。