MinGW パッケージガイドライン

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索
パッケージ作成ガイドライン

CLRクロスEclipseFree PascalGNOMEGoHaskellJavaKDEカーネルLispMinGWNode.jsNonfreeOCamlPerlPHPPythonRRubyVCSウェブWine

このページでは、GCC を使って Windows で動作するソフトウェアの PKGBUILD を記述する方法を説明しています。Linux 上で Windows のソフトウェアをビルドする方法は2つあります:

  • mingw-w64: secure crt, Vista+ API, DDK (ReactOS), DirectX (Wine) をサポートする32ビットと64ビットのツールチェイン。サポートされている機能の完全なリストと、MinGW.org と違うところについては、こちら を見て下さい。mingw-w64-gccAUR パッケージでインストールできます。
  • MinGW: DirectX を部分的にサポートする32ビットのツールチェイン。スレッドローカルストレージと浮動小数点ライブラリのサポートの実装に長年問題を抱えています。公式リポジトリと AUR からは削除されました。

パッケージの命名規則

mingw-w64 のパッケージには mingw-w64-pkgname という名前を付けて下さい。パッケージの静的なバージョンをビルドする場合は、パッケージの名前に -static を付けます (必要な場合については下を参照)。

パッケージング

多数のビルド環境が存在し低水準な問題に溢れているためクロスプラットフォームパッケージの作成は非常に困難です。以下の事柄に注意してください:

  • depends に常に mingw-w64-crtAUR を追加する (依存している他のパッケージが明示的に依存している場合は除く)。
  • makedepends に常に mingw-w64-gccAUR を追加する (mingw-w64-configureAURmingw-w64-cmakeAUR を使用する場合は除く)。
  • options に常に !strip, staticlibs, !buildflags を追加する。
  • オリジナルの pkgdesc を常に使い、pkgdesc の末尾に (mingw-w64) と追記する。
  • 公式パッケージのオリジナルの pkgver を常に使用・追従する。
  • ライブラリの32ビット版と64ビット版の両方を常にビルドする。
  • 全てのファイルを常に /usr/i686-w64-mingw32/usr/x86_64-w64-mingw32 プリフィックスの下に配置する。
  • アーキテクチャは必ず any を使う (ビルド環境で実行する必要がある実行ファイルを含む場合は除く)。
  • 衝突が発生しないかぎり、共有・静的バイナリの両方をビルドする。
  • 不必要なドキュメントは削除する (rm -r $pkgdir/usr/i686-w64-mingw32/share/{doc,info,man}, rm -r $pkgdir/usr/x86_64-w64-mingw32/share/{doc,info,man})。
  • configure スクリプトでビルドするときは mingw-w64-configureAUR を使用する。
  • CMake でビルドするときは mingw-w64-cmakeAUR を使用する。
  • QMake でビルドするときは mingw-w64-qt5-baseAUR または mingw-w64-qt4AUR を使用する。
  • 適当なビルドシステムが用意されていない場合、コンパイラフラグ -O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions --param=ssp-buffer-size=4 (通常は CFLAGS, CXXFLAGS) を使用する。
  • 下の PKGBUILD のサンプルでしているように package() の for ループで ${_arch}-strip を使ってシンボルを除去する。
    • DLL や静的ライブラリ、実行ファイルが適切な場所に収まるまで $pkgdir で繰り返し find コマンドを実行すると良いでしょう。
      • バイナリが DLL の場合、${_arch}-strip --strip-unneeded *.dll を使用する。
      • バイナリが静的ライブラリの場合、${_arch}-strip -g *.a を使用する。
  • if a package is modular (requires certain build dependencies, but said dependencies are optional to the end user) add these to makedepends and optdepends. Be sure to subtract them from depends if updating an existing package. Example of this in use: mingw-w64-rubyAUR[リンク切れ: パッケージが存在しません], mingw-w64-allegroAUR
  • パッケージが $pkgdir/usr/${_arch}/bin/*-config スクリプトをインストールする場合、$pkgdir/usr/bin/${_arch}-*-config にシンボリックリンクを作成する。
  • パッケージが autoconf を使用する場合、autoconf bug #108405 を避けるために configure で明示的に --build="$CHOST" を設定するか mingw-w64-configureAUR を使用する。

As mentioned above, the files should all be installed into /usr/i686-w64-mingw32 and /usr/x86_64-w64-mingw32. Specifically, all DLLs should be put into /usr/*-w64-mingw32/bin as they are dynamic libraries needed at runtime. Their corresponding .dll.a files should go into /usr/*-w64-mingw32/lib. Please delete any unnecessary documentation and perhaps other files from /usr/share. Cross-compilations packages are not meant for the user but only for the compiler and binary distribution, and as such you should try to make them as small as possible.

Always try to match the pkgver in your mingw-w64 packages to the pkgver of the corresponding regular packages in the official Arch Linux repos (not the testing repos). This ensures that the cross-compiled software works exactly the same way on Windows without any unexpected bugs. If packages in Arch are out-of-date, there usually is a good reason and you should still follow the Arch version instead of using the most recent upstream release. If the corresponding native package is in the AUR, you need not follow this version policy, as many AUR packages are often orphaned or left unmaintained.

サンプル

以下の例は一般的な決まり事やビルド環境をカバーしています。

Autotools

pkgname=mingw-w64-foo
pkgver=1.0
pkgrel=1
pkgdesc="Foo bar (mingw-w64)"
arch=('any')
url="http://www.foo.bar"
license=('GPL')
makedepends=('mingw-w64-configure')
depends=('mingw-w64-crt')
options=('!strip' '!buildflags' 'staticlibs')
source=("http://www.foo.bar/foobar.tar.gz")
md5sums=('4736ac4f34fd9a41fa0197eac23bbc24')

_architectures="i686-w64-mingw32 x86_64-w64-mingw32"

build() {
  cd "${srcdir}/foo-$pkgver/"
  for _arch in ${_architectures}; do
    mkdir -p build-${_arch} && pushd build-${_arch}
    ${_arch}-configure ..
    make
    popd
  done
}

package() {
  for _arch in ${_architectures}; do
    cd "${srcdir}/foo-$pkgver/build-${_arch}"
    make DESTDIR="${pkgdir}" install
    ${_arch}-strip --strip-unneeded "$pkgdir"/usr/${_arch}/bin/*.dll
    ${_arch}-strip -g "$pkgdir"/usr/${_arch}/lib/*.a
  done
}

CMake

pkgname=mingw-w64-foo
pkgver=1.0
pkgrel=1
pkgdesc="Foo bar (mingw-w64)"
arch=('any')
url="http://www.foo.bar"
license=('GPL')
makedepends=('mingw-w64-cmake')
depends=('mingw-w64-crt')
options=('!strip' '!buildflags' 'staticlibs')
source=("http://www.foo.bar/foobar.tar.gz")
md5sums=('4736ac4f34fd9a41fa0197eac23bbc24')

_architectures="i686-w64-mingw32 x86_64-w64-mingw32"

build() { 
  cd "$srcdir/foo-$pkgver/"
  for _arch in ${_architectures}; do
    mkdir -p build-${_arch} && pushd build-${_arch}
    ${_arch}-cmake ..
    make
    popd
  done
}

package() {
  for _arch in ${_architectures}; do
    cd "${srcdir}/foo-$pkgver/build-${_arch}"
    make DESTDIR="${pkgdir}" install
    ${_arch}-strip --strip-unneeded "$pkgdir"/usr/${_arch}/bin/*.dll
    ${_arch}-strip -g "$pkgdir"/usr/${_arch}/lib/*.a
  done
}