KDE パッケージガイドライン

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索
パッケージ作成ガイドライン

CLRクロスEclipseFree PascalGNOMEGoHaskellJavaKDEカーネルLispMinGWNode.jsNonfreeOCamlPerlPHPPythonRRubyVCSウェブWine

Arch Linux の KDE パッケージは特定の形式に従っています。

ビルドディレクトリ

CMake パッケージをビルドするときはプロジェクトのルート以外にビルドディレクトリを作成して、そのディレクトリから cmake を実行することが推奨されます。この場合 PKGBUILD は以下のようになります:

prepare() {
  mkdir -p build
}

build() {
  cd build
  cmake ../${pkgname}-${pkgver}
}

インストールプレフィックス

全てのパッケージには CMAKE_INSTALL_PREFIX 変数を設定する必要がありますが、KDE のカスタムビルドも受け入れるように、以下を使って下さい:

-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=$(kde4-config --prefix)

パッケージを [extra] や [community] に移動したときは、以下のように変更します:

-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr

ビルドタイプ

ビルドタイプを指定してください。sed ルールを使ってデバッグシンボルを付けてパッケージを再ビルドするのが簡単になります。

-DCMAKE_BUILD_TYPE=Release

Qt4 の強制

KDE4

qt4qt5-base の両方がインストールされている環境では、`qmake` は 5.x バージョンを参照するので、以下のように Qt4 を使うように cmake を設定します:

export QT_SELECT=4

もしくは cmake で以下のオプションを使って下さい:

-DQT_QMAKE_EXECUTABLE=/usr/bin/qmake-qt4

KF5

KDE4 と同じように、KF5 の場合は Qt4 の代わりに Qt5 を使うように cmake を設定してください:

export QT_SELECT=5

KDE4 パッケージの命名

KDE Config Module

KDE Config Module パッケージの名前は kcm-module としてください。

Plasma ウィジェット

Plasma ウィジェット (旧名 Plasmoid) パッケージの名前は kdeplasma-applets-widgetname として KDE 関連のパッケージだとわかるようにしてください。公式パッケージと見分けるのにも役立ちます。

ランナー

Plasma の runners パッケージの名前は kdeplasma-runners-runnername として KDE 関連のパッケージだとわかるようにしてください。公式パッケージと見分けるのにも役立ちます。

サービスメニュー

サービスメニューのパッケージは kde-servicemenus-servicename として KDE 関連のパッケージだとわかるようにしてください。

テーマ

Plasma テーマのパッケージ名は kdeplasma-themes-themename として KDE 関連のパッケージだとわかるようにしてください。

KF5 パッケージの命名

Plasma ウィジェット

Plasma ウィジェット (旧名 Plasmoid) パッケージは plasma5-applets-widgetname として Plasma 関連のパッケージだとわかるようにしてください。公式パッケージと見分けるのにも役立ちます。

ランナー

Plasma ランナーパッケージは plasma5-runners-runnername として Plasma 関連のパッケージだとわかるようにしてください。公式パッケージと見分けるのにも役立ちます。

サービスメニュー

サービスメニューパッケージは kf5-servicemenus-servicename として KF5 関連のパッケージだとわかるようにしてください。

テーマ

Plasma テーマパッケージは plasma5-themes-themename として Plasma 関連のパッケージだとわかるようにしてください。

.install ファイル

大抵の KDE パッケージでは、.install ファイルはどれもほとんど同じです。hicolor アイコンテーマにアイコンをインストールするパッケージもあります。(qt4 の依存パッケージとなっている) xdg-utils パッケージに含まれている xdg-icon-resource ユーティリティを使用します。以下のコマンドを使って下さい:

xdg-icon-resource forceupdate --theme hicolor &> /dev/null

多くのパッケージでは Freedesktop.org 互換の .desktop ファイルをインストールして MimeType エントリを登録します。post_installupdate-desktop-database を実行することを推奨します。このツールは (qt4 の依存パッケージとなっている) desktop-file-utils パッケージに含まれています。以下のコマンドを使って下さい:

update-desktop-database -q