Free Pascal パッケージガイドライン

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
パッケージ作成ガイドライン

CLRクロスEclipseElectronFree PascalGNOMEGoHaskellJavaKDEカーネルLispMinGWNode.jsNonfreeOCamlPerlPHPPythonRRubyRustVCSウェブWine

このページでは Free Pascal Compiler (FPC) でビルドされるソフトウェアの PKGBUILD を書く方法を説明しています。fpc パッケージはホスト CPU (i686 または x86_64) を対象にしたコンパイラを提供します。

Free Pascal

パッケージの命名規則

プロジェクトの名前だけで十分です。

便利なスニペット

  • FPC のバージョンとユニットの CPU と OS を確認するには:
_unitdir=`fpc -iSP`-`fpc -iSO`
_fpcver=`fpc -iV`

パッケージング

FPC ベースのパッケージを作成する場合、以下の事柄に従ってください:

  • makedepends または depends に常に fpc を追加する
  • コンパイル済みのファイル (*.a, *.compiled, *.o, *.ppu, *.res, *.rst) は常に /usr/lib/fpc/$_fpcver/units/$arch-linux に保存する
  • インポートライブラリをインストールする場合は staticlibsoptions に追加する