Lenovo ThinkPad X260

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Lenovo ThinkPad X260 は Lenovo ThinkPad X240Lenovo ThinkPad X250 の後継機です。主な違いは VGA 端子がなくなり、M.2 スロットから SATA が消えて、400nit スクリーンが選べなくなったことです。新しく追加されたのは HDMI, DDR4 メモリ, そして進化したバッテリーです。

設定

指紋リーダー

一部の X260 には vfs (Validity Sensors) の指紋リーダーが搭載されています。使用するには libfprint-vfs0050AUR[リンク切れ: パッケージが存在しません] と fprintd をインストールしてください。詳しくは fprint を参照。

トラブルシューティング

fn-4 スリープホットキーが認識されない

BIOS レベルのエラーが存在するかどうか未確認です。fn キー自体は acpi の wakeup イベントを呼び出しますが (Windows では機能する) fn-4 は何もしません。

4.4 未満のカーネル

4.4 未満の Linxu カーネルは新しい wifi チップや Skylake をサポートしていません。4.4 以上を使うようにしてください。

フタを閉じたときにクラッシュする

intel_pstate=no_hwp カーネルパラメータを使って起動してください。この問題は linux バージョン 4.5.4-1 で修正されました。