TigerVNC

提供: ArchWiki
VNCから転送)
移動先: 案内検索

関連記事

TigerVNCVNC プロトコルの実装です。この記事ではサーバー機能に焦点をあてています。

インストール

tigervnc パッケージをインストールしてください。

ノート: パッケージには vncserver, x0vncserver, vncviewer が含まれています。

Vncserver には2つのリモート制御機能が存在します:

  1. 標準的な X サーバーと同じような仮想 (ヘッドレス) サーバー。物理的な画面ではなく仮想スクリーンを使用する。仮想サーバーは物理的な X サーバーと並行して動作します。
  2. 物理モニターを使用しているローカルの X セッションの直接制御。

仮想 (ヘッドレス) セッションで vncserver を実行

環境, 設定, パスワードファイルの作成

Vncserver は最初の実行時に環境, 設定, ユーザーパスワードファイルを作成します。作成されたファイルは ~/.vnc に保存されます。

$ vncserver
You will require a password to access your desktops.

Password:
Verify:

New 'mars:1 (facade)' desktop is mars:1

Creating default startup script /home/facade/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/facade/.vnc/xstartup
Log file is /home/facade/.vnc/mars:1.log

vncserver が動作するデフォルトのポートは :1 で、サーバーが動作する TCP ポートと対応しています (5900+n = ポート番号)。この場合、5900+1=5901 で動作します。二度 vncserver を動作させると次の数字でフリーのポート (:2 または 5902) に2番目のインスタンスが作成されます。

ノート: Linux システムでは物理メモリが許すかぎりいくらでも VNC サーバーを使うことができます。それぞれは互いに並行して動きます。

vncserver を終了するには -kill スイッチを使います:

$ vncserver -kill :1

環境ファイルの編集

Vncserver は ~/.vnc/xstartup を読み込んで .xinitrc ファイルのように使います。ユーザーはこのファイルから DE を起動してください。詳しくは一般的な推奨事項#デスクトップ環境を参照。

例えば、LXQt を起動するには:

~/.vnc/xstartup
#!/bin/sh
exec startlxqt

設定ファイルの編集 (任意)

tigervnc 1.60-1 から ~/.vnc/config のオプションが読み込まれるようになり、毎回 vncserver にコマンドラインスイッチを指定する必要がなくなりました。ファイルは1行1オプションで記述します。例:

~/.vnc/config

## Supported server options to pass to vncserver upon invocation can be listed
## in this file. See the following manpages for more: vncserver(1) Xvnc(1).
## Several common ones are shown below. Uncomment and modify to your liking.
##
securitytypes=tlsvnc
desktop=sandbox
geometry=1200x700
dpi=96
localhost
alwaysshared

systemd で vncserver を起動・停止

Systemd のユーザーサービスやシステムサービスを使うことで、サービスとして vncserver を管理することができます。どちらの方法も下で説明します。

ユーザーモード

ノート: ユーザーがログアウトしても vncserver が実行し続けるようにするために、loginctl を使って linger オプションを有効にしてください: # loginctl enable-linger username。linger を有効にしないとログオフしたときに vncserver が終了してしまいます。

ユーザーモードでサービスを起動:

$ systemctl --user start vncserver@:1

ユーザーモードでサービスを有効化:

$ systemctl --user enable vncserver@:1

システムモード

警告: ローカルネットワークが信頼できない場合は以下のサービスを使ってはいけません。

/etc/systemd/system/vncserver@:1.service を作成してください (:1$DISPLAY 環境変数の値に置き換えてください)。

サーバーを実行するユーザー (User=) や vncserver のオプション (usr/bin/vncserver %i -arg1 -arg2 -argn) などサービスは適宜修正してください。

/etc/systemd/system/vncserver@:1.service
[Unit]
Description=Remote desktop service (VNC)
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=simple
User=foo
PAMName=login
PIDFile=/home/foo/.vnc/%H:%i.pid
ExecStartPre=/bin/sh -c '/usr/bin/vncserver -kill %i > /dev/null 2>&1 || :'
ExecStart=/usr/bin/vncserver -geometry 1440x900 -alwaysshared -fg %i
ExecStop=/usr/bin/vncserver -kill %i

[Install]
WantedBy=multi-user.target

vncserver@:1.service起動してください。ブート時に実行されるようにするには有効化してください。

マルチユーザーモード

systemd のソケットアクティベーションと XDMCP を組み合わせることでユーザーがログインするたびに VNC サーバーを自動的に生成することができます。ユーザーごとにサーバーとポートを設定する必要がなくなります。以下の設定ではディスプレイマネージャを使用してユーザーの認証を行っているため、VNC のパスワードも不要です。欠点としてはユーザーがサーバー上のセッションを一度抜けると再接続できないという点が挙げられます。以下のユニットを使うには、まず XDMCP をセットアップしてディスプレイマネージャが動作するようにしてください。

/etc/systemd/system/xvnc.socket
[Unit]
Description=XVNC Server

[Socket]
ListenStream=5900
Accept=yes

[Install]
WantedBy=sockets.target
/etc/systemd/system/xvnc@.service
[Unit]
Description=XVNC Per-Connection Daemon

[Service]
ExecStart=-/usr/bin/Xvnc -inetd -query localhost -geometry 1920x1080 -once -SecurityTypes=None
User=nobody
StandardInput=socket
StandardError=syslog

systemctl を使って xvnc.socket起動有効化してください。ポート 5900 に接続することで何人でもデスクトップを表示することができます。

VNC サーバーにインターネットから接続する場合、xvnc@.serviceXvnc-localhost オプションを追加して、下の説明を読んで SSH 経由で接続するようにしてください (-query localhost の 'localhost' は -localhost とは違います)。接続後にユーザーを選択するため、VNC サーバーは 'nobody' ユーザーで動作し 'vncserver' スクリプトの代わりに xvnc を直接使用します。そのため ~/.vnc のオプションは無視されます。任意で vncconfig自動起動することでクリップボードを機能させることができます (VNC 以外のセッションでは vncconfig はすぐに終了します)。以下のファイルを作成してください:

/etc/X11/xinit/xinitrc.d/99-vncconfig.sh
#!/bin/sh
vncconfig -nowin &

物理ディスプレイで vncserver を実行

TigerVNC の x0vncserver を使う

tigervnc には物理的な X セッションを直接操作できる x0vncserver バイナリが入っています。以下のようにして実行してください:

$ x0vncserver -display :0 -passwordfile ~/.vnc/passwd

詳しくは x0vncserver の man ページを参照。

systemd で x0vncserver を起動・停止

警告: ローカルネットワークが信頼できない場合は以下のサービスを使ってはいけません。

VNC サーバーで x0vncserver を実行するには、systemd ユニットを作成します。現在のデスクトップにリモートからアクセスする一番簡単な方法です。

ノート: 以下のユニットはユーザーによって X セッションが実行されている場合にのみ使用することができます。

/etc/systemd/system/x0vncserver.service を作成してサーバーを実行するユーザーやオプションを指定してください:

/etc/systemd/system/x0vncserver.service

[Unit]
Description=Remote desktop service (VNC)
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=forking
User=foo
ExecStart=/usr/bin/sh -c '/usr/bin/x0vncserver -display :0 -rfbport 5900 -passwordfile /home/foo/.vnc/passwd &'

[Install]
WantedBy=multi-user.target

x11vnc を使う

x11vnc には利点と欠点が存在しアクセスするのに root を必要とします。詳しくは X11vnc を見てください。

vncserver に接続する

警告: LAN の外でセキュアな対策を取ることなく vncserver に接続することは推奨されません。LAN の外側で接続する必要がある場合は下の説明を読むことを推奨します。SecurityTypes をセキュアでないオプションに設定しないかぎり TigerVNC はデフォルトで暗号化されますが、通信相手の確認はしないため接続時の MITM 攻撃を防ぐことはできません。セキュアな接続をするときは X509Vnc を使うことを推奨します。

vncserver に接続できるクライアントは多数存在します。下は 10.1.10.2 のポート 5901 (:1) で動作している vncserver に接続するコマンド例です:

$ vncviewer 10.1.10.2:1

パスワードなしで認証

-passwd スイッチを使うことでサーバーの ~/.vnc/passwd ファイルの場所を定義することができます。サーバー上のこのファイルには SSH か物理的なアクセスによってユーザーがアクセスすることが期待されています。どちらの場合でも、クライアントのファイルシステム上の安全な場所、つまり特定のユーザーだけが読み込みアクセスできる場所にファイルを置いて下さい。

$ vncviewer -passwd /path/to/server-passwd-file

GUI ベースのクライアント

TigerVNC の vncviewer にはシンプルが GUI が存在し、何もパラメータを付けずに実行します:

$ vncviewer

SSH トンネル経由で vncserver にアクセス

SSH トンネリングの利点は他のポートを開く必要がなく、文字通り通信がトンネル化されるということです。ユーザーは WAN に対して既に開いている SSH ポートを使用することができます。以下の方法で vncserver を実行する際は -localhost スイッチを使用してローカルホストからの接続だけを許可するようにすることを強く推奨します。物理的にマシンに ssh することができるユーザーだけが vncserver を使えるようになります。

ノート: TigerVNC は SecurityTypes パラメータを変更したいかぎりデフォルトで TLSVnc 暗号を使用します。認証や通信は暗号化されますが、通信相手の確認はしません。サーバーの同一性を確認することができる X509Vnc などの暗号化も TigerVNC によってサポートされています。サーバー側の SecurityTypes でセキュアでないオプション (None, VncAuth, Plain, TLSNone, TLSPlain, X509None, X509Plain) が優先されるように設定されている場合、暗号化を使用することはできません。その場合、SSH で VNC をトンネル化できます。vncviewer を動作させるときは、SecurityTypes を明示的に設定して暗号化していない通信を許可しないようにすると良いでしょう。

サーバー側

以下は -localhost フラグを使って vncserver を起動するコマンド例です:

$ vncserver -geometry 1440x900 -alwaysshared -dpi 96 -localhost :1

もしくは、~/.vnc/config に "localhost" オプションを追加してください。以下は上記コマンドと同じ設定例です:

~/.vnc/config

## Supported server options to pass to vncserver upon invocation can be listed
## in this file. See the following manpages for more: vncserver(1) Xvnc(1).
## Several common ones are shown below. Uncomment and modify to your liking.
##
geometry=1200x700
alwaysshared
dpi=96
localhost

クライアント側

サーバーはローカルホストからの接続だけを許可しているので、-L スイッチを使ってトンネルを有効にして ssh で接続します。例えば:

$ ssh 10.1.10.2 -L 5901:localhost:5901

上記はサーバーのポート 5901 をクライアントのポート 5901 に転送します。サーバーとクライアントでポート番号を必ずしも一致させる必要はありません。例:

$ ssh 10.1.10.2 -L 8900:localhost:5901

上記のコマンドはサーバーのポート 5901 をクライアントマシンのポート 8900 に転送します。

SSH で接続したら、サーバーと接続するための暗号化トンネルとして xterm やシェルのウィンドウは開いたままにしてください。暗号化トンネルを使って接続するには、vncviewer でローカルホストのクライアントポートを指定します。

サーバーとクライアントで同じポートを使用する場合:

$ vncviewer localhost:1

サーバーとクライアントで違うポートを使用する場合:

$ vncviewer localhost:8900

SSH で Android デバイスから VNC サーバーに接続する

Android デバイスを使って SSH で VNC サーバーに接続するには:

1. 接続するマシン上で SSH サーバーを動作させる。
2. 接続するマシン上で VNC サーバーを動作させる (上述のように -localhost フラグでサーバーを起動する)。
3. Android デバイスで SSH クライアントを使う (ConnectBot が人気があります、この外では例としてこれを使います)。
4. Android デバイスで VNC クライアントを使う (androidVNC)。

固定 IP アドレスを持たないマシンではダイナミック DNS サービスを使うことを考慮してください。

ConnectBot で、IP を入力してマシンに接続してください。オプションキーをタップして、Port Forwards を選択し新しいポートを追加してください:

Nickname: vnc
Type: Local
Source port: 5901
Destination: 127.0.0.1:5901 (it did not work for me when I typed in 192.168.x.xxx here, I had to use 127.0.0.1)

保存してください。

androidVNC で:

Nickname: nickname
Password: the password used to set up the VNC server
Address: 127.0.0.1 (we are in local after connecting through SSH)
Port: 5901

接続してください。

ヒントとテクニック

macOS に接続する

https://help.ubuntu.com/community/AppleRemoteDesktop を見てください。Remmina でテスト済みです。

リモートマシンからローカルにクリップボードの内容をコピーする

リモートマシンからローカルマシンへのコピーが動作しない場合、サーバー上で以下のように autocutsel を起動して下さい [1]:

$ autocutsel -fork

F8 を押して VNC メニューのポップアップを表示し、Clipboard: local -> remote オプションを選択してください。

上記のコマンドを ~/.vnc/xstartup に記述することで vncserver の起動時に自動で動作するようにすることができます。

マウスカーソルが表示されない問題

x0vncserver の使用時にマウスカーソルが表示されない場合、以下のように vncviewer を起動して下さい:

$ vncviewer DotWhenNoCursor=1 <server>

もしくは tigervnc の設定ファイルに DotWhenNoCursor=1 を記述してください。デフォルトでは ~/.vnc/default.tigervnc に存在します。

推奨セキュリティ設定

ノート: SSH トンネルを使用する場合、sshd によって暗号化が行われるため X509Vnc は不要です。

SecurityTypes は使用するセキュリティアルゴリズムを制御します。現在のバージョン 1.5.0 でのデフォルトは "X509Plain,TLSPlain,X509Vnc,TLSVnc,X509None,TLSNone,VncAuth,None" です。"X509Vnc,TLSVnc" とすることで暗号化しないデータのやりとりを無効化できます。

TLSVnc では同一性確認がないため、X509Vnc を使うことを推奨します:

$ vncserver -x509key /path/to/key.pem -x509cert /path/to/cerm.pem -SecurityTypes X509Vnc :1

x509 証明書の作成方法はこの記事では説明しません。Let’s Encrypt を使用したり、OpenSSL を使って手動で証明書を発行してサーバーとクライアントで鍵を共有できます。

フルスクリーンの切り替え

vncclient のメニューから切り替えることができます。デフォルトでは vncclient のメニューは F8 で呼び出せます。

小なり記号が入力できない (<)

リモートクライアントで < と入力すると > が出力される場合、キーのマッピングを変更してみてください [2]:

$ x0vncserver -RemapKeys="0x3c->0x2c"